2014年06月18日

W杯 day 5

メヒコvsブラジウ、すごかったね!

どっちもブレーキかけないね。MEXICOはそして、かなり強いです。

今まで、つよいと思ったチーム:

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ドイツ、オランダ、イタリア、コロンビア。

可能性を感じるチーム;

コスタリカ、チリ、象牙海岸、ベルギー、クロアチア、ボスニア ヘルツェゴビナ、オーストラリア、イングランド。

がっかりチーム;

スペイン、ポルトガル、ウルグアイ、日本。

TimesーThey're a changing。そんな感じ。一炊の夢。諸行無常。

ずっと強いままというのは難しい。そろそろドイツの時代になるのかな。どうかな。強靭さとファンタジーの融合はだいぶ進んできた。

でもさ、せっかくの世界大会だもん。ラテンアメリカのチームにやっていただきたい。それもおれは「ラテンのB級」が好き。早い話、MEXICO y CHILI ですね。CHILI vs DEUTSCHなんて階級闘争みたいである。

ナチスの将校みたいなゲルマン人が田舎のおっさんの顔の集合のチリチームに苦杯を舐めさせられるなんて痛快!ぜひ実現していただきたい。

さて我が代表チームは次、どうだろうか?こないだ、ドログバが出て来た時、象牙海岸をサポートするのが「人の道」そういう感覚に囚われた方、いたはず。試合時刻がただひとつ日本時間の10:00amってなんか『?』とは思わない?代表チームは電通チーム。代表チームでさえ広告代理店のツールだからね。ホンダにこけられたらこまるのね。ザック采配も「あやしい」。そもそもホンダはクリスチアーノ ロナウドではない。二敗しないことを祈るが、その方がいいのかもしれない。バカ騒ぎを躊躇ってのが「あの人たち」が好ましくない状況だから。

最近というか第一戦後、ホンダくんの発言の変化に気付かないだろうか?「 、、、、、と思います」とか「、、、、な気がします」と逡巡しながら喋ってる。何かがおかしい。自信が見事に感じられない。身体は相当悪いのかも知らんですね。終わったら全部ぶっちゃけていただきたいけど。

でも、代表が「男の子」の証明をしてくれることを期待して。浅田真央のメンタリティだね、今求められるものは。勝つとかどうでもいいからナイスゲームが見たい。コロンビア戦まで引っ張っていただきたいね。

posted by 浪速のCAETANO at 08:02| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック