2014年06月19日

W杯 day 6

敗れはしたが、オーストラリア、大健闘。あんな負け方ならおれはいいと思う。勝たなきゃ意味がないと言うが、もちろんそれはそうですが、ほんとのほんとに「Did our best」なら誰も文句は言わない。世間も言わない。じーっと見てればそのテンションの張りようはよくわかるもんね。一度はリードしたりして。ケーヒル良かったですね。まあ、それでも慌てず横綱相撲のオランダだった。強い。攻めるとムチャ強い。

A組が「死のグループ」だった。ブラジル、メキシコ、そしてクロアチアと、どのチームも魅力いっぱいだ。ひとつ落ちなきゃいけないのがもったいないなあ。ということはブラジルも安泰ではないということだ。まあ最後がカメルーン戦だから、番狂わせはないはずだが、そーかー、メキシコとクロアチアのどちらかしかTMいけんか。おお、、、。しかし、この組のひとたち、TM行っても強いだろう。ここで揉まれるってのがいいのね。

ただ、このまま行けばここの2位はオランダとさっそく当たるね。屈指の好カードだが早すぎる。どうしても風圧の厳しい、緩いってある、ブロック毎に。A,Bは台風ね。BEST8行くのも大変ということ。日本代表は奇跡が二度続けばイタリアかコスタリカだろうか?まだイングランド、ウルグアイもわかんないが。

となると、うわ、今日も寝てる場合ではないね。日本戦の前の2ゲームが楽しみ過ぎた。また代表戦時はぐったり?

今やってるクロアチアvsカメルーンもあとがない戦いは緊迫感が違う。ソングの一発退場でちょっと興醒めだったが。その後ピッチ上で味方同士で頭突きしあってたが、カメルーンチーム。内紛。アフリカの今のメンタルが出る。うーん。

代表もがんばってね、それなりでいいので。引き分けでも首の皮一枚繋がるのかな?でも勝つなら対GREECE。一勝すればまた状況も変わります。

しかし「ッチ、チッチ、、、ッチ、ッチ、、」とクロアチア戦のアナウンサーは大変だな。なんかね。舌先痺れそうよ。

posted by 浪速のCAETANO at 08:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック