2014年06月20日

対ギリシャ戦直後に

いくら引いたギリシャからは点取れんと言ってもさあ。

重苦しいゲームだった。最後やねんけどさあ、なぜ、ちびっこだらけなのに、なぜ、昔のイングランドのような超古典的なサッカーをするのか?意味がわかんないなあ?

なぜ、仕掛けない?なぜドリブルで持ち込まない?なぜペナルティエリアの中に入りこまない?なぜミドルを打たない?なぜ勝負をしない?と「なぜなぜくん」になるよ、おれ。

イキそうで、イケなくて、イケそうで、イカなくて、もうイケるかな、イケるやろ?え、やっぱりダメ?いやもうそろろイケるやろ、なんぼなんでも。そんな時間がただただ過ぎ、ただただ疲労感だけが残る、そんな、予想通りのスコアレスドロー。いや、ギリシャが引いたら点取れないよ。ただ、策がなかったなあ。策がない。

やっぱり女子校サッカーだった。おままごと。野蛮が足らん。きれいごとやったなあ。独りよがり、てのは出来そうで出来ない、相手があると。

デカいギリシャ相手にロングボールばかり上げてどーすんの?完全に足とまってる相手が止める方法はファウルしかないのなら、なぜそれをもっと相手ゴールに更に近いペナルティエリアの中でそれをやらない?と「質問くん」にもなるおれだった。ボールを回せるのは相手が10人なんだから当たり前で、でもやっぱりリスクを取ってキッツい縦パスとかほとんどなかったなあ。積極的に最初はシュート打ってたけど、それこそコンスタントに続けなきゃね。途中からでてきた香川くんも仕掛けてペナルティエリアまで行けなかった。残念だね。

まあ、コロンビアの手抜きとギリシアの頑張りでタナボタを期待するしかなくなった。まあそれでも、コロンビアに勝ってギリシアも象牙海岸に勝てばおそらく得失点差でイケるからね。現時点で日本はマイナス1だがギリシャはマイナス3だしね。自力plus他者にも期待、というややこしくももどかしい展開ですが、可能性がなくなったわけじゃない。ここはほんと。まあしかし、94年アメリカ大会のイタリアがそんなだった。そんな経験にさらされてきたイタリアなんかはまだ冷静にモノを考えられるのだろう。代表チームも、コロンビア相手の方が点とれるのではないか?取られもするけど。今日のようなおばさんの便秘みたいな試合にはならない、きっと。大国への道としてはどうしても通過しないといけない「場」へと今やっと到着した、とも考えられる。ほんとのサッカーファンならそう考えるはずである。「にわかファン」と「上下同時揉み」の方々はまた動機がちがうからさ、だはは。

これで、今だけファンなヤツらは距離取るから、そして「おだてあげる」から「けなす」そんなことになると思うけど、それで/が、いい。真価は対コロンビア戦。いい打ち合いをして欲しい。けなす状況、であるから、失うものもそんなないのよ。
posted by 浪速のCAETANO at 09:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック