2014年06月30日

決勝TM 2-2

良かったね、コスタリカ。

10人になって、もうへとへと。それで120分間、たいへんだった。何度も奇跡の身体張ったセーヴのGKナヴァス。英雄ですね。ギリシャも11-10では攻めた。そしてカウンターからの5-2の大決定機を逃したのが痛かった。もうほんとコスタリカチームはクタクタだった。そこを、何とか120分内で決めたいギリシャの猛攻を何度も泥臭く救って、PKでも一本とめたナヴァス。どちらもビッグなチームとは言えないが、それでも拮抗したハートの込められたゲーム。かつてコスタリカはW杯でブラジルとの対戦で5点取られたが3点取り返したという男前のチームで、そのときのエース、ワンチョペもチームに帯同していることを知り、やっぱり、と思うとともに、そこ微笑ましいものがあった。そうか、FC東京に在籍してたことがあるとは知らなかった。

コスタリカ、次はオランダ戦。きっと負けると思うが、それがどーした!暴れ回っていただきたい。それこそ5点取られても3点取り返す、でいいじゃないか。世界に誇るBEST 8だ。
posted by 浪速のCAETANO at 22:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック