2014年07月06日

Quarter Final day 2

アルヘンチーナ、かなり調子上がってきたね。こちらのブロック、強烈。こういうのを見てると、もう日本代表チーム、今後の戦術、混乱するだろうな。一生埋まらない気もする。ホンダくんの頭の中が「妄想」に支配されていたこともよくわかる。

ま、そんなことはどうでもよく。

オランダvsコスタリカ。前半は「痺れる0-0」これに尽きる。オランダは点入る気配、満々、なのに最後の砦のナヴァスの堅さで凌いでる。

結局「痺れる0-0」は90分、120分と続き、そして今、今大会最高のすごい試合が終わったけど、オランダは強靭。ほんと強いチーム。そしてそれに冷静に対処するコスタリカDF。見てて目頭熱くなる瞬間が何度かあったなあ。スナイデルの2本など、あそこで決まっててもおかしくないのだけど、GKナヴァスのこれまでの出来がより厳しいところを狙わせ、数センチのズレに至らせるのだろう。

しかし、コスタリカ チーム。こないだの対ブラジル3-5とは違うが、弱者が強者に対する闘いの模範になる方法を見せてくれた。やっぱそれよね。強固なDFってことじゃないの、まず第一には。強者にもほどがあるが、オランダは。あんな120分目にスピードと勢いとキックの強さが最初と変わらないおっさんらのいるチーム、怖すぎである。ロッベンにスナイデル、落ちない。それにカイト、もう一試合できそうだし。

ファンハールも冷静。PK戦用のGK投入なんてありそうでなかった。PKは別物で現在世界最高のGKナヴァスも、そこは別。ただ、流れの中でナヴァスからゴール奪える気がしなかったもんね。すごいキーパー。

こっちのブロックのセミ ファイナルが事実上の決勝戦だね。あっち側でブラジルはドイツに勝てるだろうか?

オランダvsアルゼンチン、まあ、予想通りではあるけど今日の両チームのコンディション見ると期待しない訳にはいかない。ここはほら、お互いに「イワしてなんぼ」だから先ほどとはまた違う興味が普通に湧いてくる。

オランダの今日の苦労は報われるような気がする。BIGな4チームが残ったが、収まりはいい。そろそろ〆の時期でもある。

しかし、コスタリカ、ジョガドールの名前がいいよね。ボルヘス!!ボラーニョスなんて。

コスタリカも「平和憲法」の国である。
posted by 浪速のCAETANO at 08:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック