2014年07月10日

Landmines

「Landmines」

あたしは地雷の間を這っている。あなたの居場所を知るために
あたしの目には煙が見える。あなたが地面を焼いているのだ。

あたしは地雷の間を這っている。あなたの居場所を感じるために
夜に隠れてあたしは真珠を地面に埋める。

あなたはどこへ行ってしまったのか?(そんなに遠くじゃなく。
行かないで。近くに)

あなたの指輪を見つけた。鳥の羽根が付着した指輪を。
ひとつの腕はここに、ひとつの腕はもうない。
この指輪を大事に。パリの街をここへ。

ね、愛しい人。あなた。
あたしの愛を知ってるの?

あたしは地雷だらけの野原を這っている。
あなたがどこへ行ってしまったか、それを感じようと。

あたしの目はガーゼで覆われ、
でも、あなたは手がかりを残している。

あたしは地雷の間を這っている。
地雷のことはよく知っている、
それらを埋めたのはあたしだから。

夜の闇に紛れ、あたしのこころをそこに埋める。

あなたはどこへ行ってしまったのか?(そんなに遠くじゃなく。
行かないで。近くに)

あなたの手袋を見つけた。皮が破れた手袋。
五本の指を確認する。
ここにあなたを呼ぶ煙を炊いておく。
愛しい人。あなた。愛しい人。あなた。愛しい人。

by St. Vincent

posted by 浪速のCAETANO at 16:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック