2014年08月05日

down by the river

「Down by the River」

おれの側にいてくれよ おれもお前の側にいるから

なあ、お前が隠れる理由もない

まるっっきり一人で居ることが辛いんだ

お前がどっか連れて行ってくれるかもしれないって時にさ

そうさ、お前は虹の向こうまでおれを引きずって行った挙句、おれを追い出した

川を下ったところでおれはおれのBABYを撃ったんだ

川を下ったところで、彼女を死なせてしまったんだ

おれの手を取ってくれ おれもお前の手を取るから

一緒に逃げようか

この気狂いじみた状況は悲しすぎる

今、なんとかなるなんて無理だ

そうさ、お前は虹の向こうまでおれを引きずって行った挙句、おれを追い出した

川を下ったところでおれはおれのBABYを撃ったんだ

川を下ったところで、彼女を死なせてしまったんだ


おれの側にいてくれよ おれもお前の側にいるから

なあ、お前が隠れる理由もない

まるっっきり一人で居ることが辛いんだ

お前がどっか連れて行ってくれるかもしれないって時にさ

そうさ、お前は虹の向こうまでおれを引きずって行った挙句、おれを追い出した

川を下ったところでおれはおれのBABYを撃ったんだ

川を下ったところで、彼女を死なせてしまったんだ


by NEIL YOUNG
posted by 浪速のCAETANO at 15:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 Neil Young | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック