2014年10月03日

He'll have to go

『he ll have to go』

そのかわいい唇をもう少しだけ電話にちかづけてくれないか?

そしてまったくの二人だけってフリをするんだ

あいつにジュークボックスのvolumeを下げろって言ってやるよ

だからきみもそこで一緒にいるヤツに言うんだ、帰ったほうがいいって


囁いてくれ おれのことをホントに愛してるのか教えて欲しい

あるいはあいつはおれのようなやり方できみを抱きしめてる?

恋は盲目だけど 決断しなきゃならない時もある

おれは知らなきゃならない

電話を切るかきみがヤツに言うか・帰ったほうがいいと


きみは誰か他の男といるとき おれの聞きたい言葉を言ってはくれない

YES か NOとおれに答えさせたい?

いや・わかってるよ、ちゃんと


だからもう少しだけかわいい唇を受話器の近くへ

おれたち二人だけのふりをして

ジュークボックスの音を下げさせるよ

だからきみもそいつに帰れといってくれ、たのむ



audrey・joe allison
posted by 浪速のCAETANO at 16:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック