2014年11月03日

遠い結論

「遠い結論」

太陽が沈む きみの顔が 染まってくよ 真っ赤に

ねえこっち向いてよ 赤い色のままで

コーヒーあるよ 熱いの

森の緑が また濃くなってきた もうすぐ空と溶け合う

赤と緑でどんな色になる

迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


太陽が沈む 森が呼んでる 内緒の話 あるんだ

ねえ行ってみようよ もう少し奥へ コーヒー持って 熱いの


ビロードの苔 裸足で踏む 木立を縫って歩いてく

なんだか夢に 出てきそうな 落ち葉のゲートに たどり着く


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


確認したいんだ きみの気持ちも「夜」になってるの?

一番高い木の上の 天使の寝床を借りたくて


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


森の緑が また濃くなってきた もうすぐ空と溶け合う

赤と緑でどんな色になる


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない



by marutanikaz, contained in 'Let's Spin' by Parabola Spins from the Label Rafflesia 1993
posted by 浪速のCAETANO at 18:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック