2015年07月20日

休みでしあわせ

店は休みだし、教え仕事もない。これが「real holidays-yesterday & today」。

本を読んだり、音楽を聴いたり、ギターを弾いたり、昼酒したり、昼寝したり、このlazinessこそが休日の証。もう思い切りダラける。積極的寝たきり生活とも言う。

しかしいろいろ発見があって、楽しい。目三角からは程遠いときに発見はあるみたい。

内閣支持率下がってきてる。もっと加速度ついてもいいぐらいだが。さてここから9月までに回復があるかというと「ない」に一票。参議院の審議、すればするほど姑息な、とももはや言えない「チョンバレのうそ」だらけの答弁を巻き散らすだけだろうから。

しかし、与党が苦し紛れの解散総選挙を打ってきたらどーする?今のままじゃ、前回ほどではないにせよ、結局自民党、勝つよ。他の選択肢があまりに貧弱ゆえね。民主党はダメだと思う。半分は第二自民。維新もどうだろう?市長サイドは極右。じゃあ共産?要は、選挙行ってくださいよーとは言われるが、入れるに値せんような候補者しかいない、これが現状なわけでさ。

沖縄方式しかないと思う。野党も次回、UNITEしなければもう永遠に変わらない。ほんと「戦後」にしか変わらない。

ほんとは憲法学者たちが新たな政党作っていただきたいけどね。今の日本がいつのどんな国に似てるかというなら100年前のドイツでしょうね。民主主義のレールの上に現れた独裁で合ってる。選挙で勝ったから「何してもOK」これ、そんなぶっちゃけ市長が言い出したと思うが、そのマナーに意外といつまでも「そらそや」と言っていた大阪のひとびとのどーしよーもなさはたかじんにはついていってもしんぼうにはどうかなあ、みたいなことで、すこしはマシになってる・なってない、どっち?

でも安心できないのは、今アメリカの最高裁長官が来てて、安保法案の採決を見届けるまではずっと居ることになってる。もう一つ。2016のアメリカの軍事予算の中に日本の「集団的自衛権」の分がすでにデフォルトとなっている、つまりその分「少なめ」のに予算を計上している、そんな事実があること。

支持率を30%まで下げたい。そのときは不支持が6割超えるからダブルスコア。そうなるとレイムダック化し、自民内での安倍下ろしの機会となる。もう安倍ちゃんは「逃げまくりたい」とは思うが、あのわけのわからない答弁をTVですることを避けられないとするなら、野党の皆さんは是非、党利党略に走らずに唯一民主主義がそこに存在する「沖縄方式」で早めの準備されることを勧める。小沢くんにもう一度出番ないかなあと思ってる。亀井ちゃん・鈴木君も。物事はイメージ先行って「ロクなことない」てことには未だシールズの諸君も気づいてないからね。日本人はどっちに転ぶにしても「MOOD」。太郎ちゃんや小沢くんに対する「汚れ視」の根拠が実は非常に薄弱であるってことに気づかないのなら、完全に「片手落ち」ですよ、そこ。メディアがほんとはケツ拭かんといかんのだけどね。「小沢と太郎ちゃんだけはダメ」だと宗主国に「言われてる」は重々わかってるけど。そこがひっくり返らないと植民地のまま。もうほとんど「DREAM」に近いけどね。

さて、突然だけど「天武」は二人いた。

草壁皇子のパパと高市皇子のパパ。

カクムソウとはマッカーサーであって、日本列島は実は二度「占領」されてるのね。前述の2名によって。そして今の馬場町の「難波宮」は孝徳がいたんじゃなくて、九州王朝の「副都」。来るべき唐との決戦に備え、651年、難波の地にもうひとつの行政の場を設けた。孝徳は笑えるがうちの店のちょっと東の豊崎神社(当時は湿地帯)にいた。豊崎長柄宮。地名もバッチリです。天下立評、つまり、律令の基盤の評制の詔が出されたのも@難波宮by伊勢王。伊勢王は薩夜麻のパパね。

ちょっと飛ぶけど、天武のヨメの讚良(イコール持統天皇)がしょっちゅう行ってた吉野、とは奈良の吉野ではないから。あんなとこいつも行くとこじゃない。吉野ヶ里の吉野ね、有明海に面した「軍港」があった。そして、史実の天武(壬申の乱の)がいった吉野もまたその地であり、では誰に会いに行ったのか?それは(1)カクムソウ(2)薩夜麻のどちらかであるのは間違いなくそこで壬申の乱の大義名分を得たわけよね。
そして長良王は長良親王であることから、高市皇子は高市天皇である。その高市天皇は696年に暗殺される。その模様の「書き換え」が蘇我入鹿暗殺となるわけで。そこから先は九州系の血を如何に廃絶するかという不比等始め藤原氏との抗争になる。長屋王の失脚をみてもわかるように結局、天武系の血は天智系に上塗りされていく。天武は二人いるというのはその言ってる天武は大海人皇子ではない天武、つまり薩夜麻、高市天皇のパパ、九州の天子の血、という意味ね。聖武にはもう九州の血は流れとらんからね。

源氏物語さえも九州の話。京都や奈良の「古都」としての伝統・価値、「アーティフィシャル」だったらどーする?



posted by 浪速のCAETANO at 11:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック