2015年07月30日

業界臭は、、

国会が気になっていろんなことが手につかない。

やっと、高名な学者のみなさまも「戦争」のリアルな可能性を口にしだした。「アメリカは戦争させない」ということが「楽観」であったことを認めたということね。遅きに失した感、あるけどね。

アメリカのもうひとつのの勢力、オバマとは底で繋がってるのかもしれないが、見た目は明らかに異質の「JAPAN HANDLERS」の書いたシナリオを「忠実」に実行する吉祥寺大学、ただそれだけよ。最初っからわかってた。

今日は仕事がない日だったから参院の質疑を見てた。

太郎ちゃん、「違和感」あるね〜。空気違うね〜。

今は「ガチ」がいいし、ガチしかあかんのよ。かつての前田じゃないと、船木じゃないとあかん。民主党の質問なんてかつての「全日」みたい。

日本の「二大政党制」はうまくいくはずがない。under USAがネックである。アメリカへの「ご奉仕合戦」になるだけで。山口二郎とかいうアホ学者に乗せられたね。まだなんだかんだ言うてるけどね。アホはアホ。

勉強しかしてない学者はおよそ、アホ、でよいのでは。

アメリカの方針も変わってきてるよ。戦争したいバカを暴走させてTPPなんかより手っ取り早く「儲けよう」だと思う。ダメージ受けた後ならTPPでもなんでも「言うがまま」じゃん。これがホンネ。

政治家の「しゃべり」に全日が透けて見える。業界臭がする。業界がもっともイヤなのね。普通のひと、でいいんだよ。民主党はまさに。もう沖縄方式しかないです。

支持率はさらに落ちると思う。解散総選挙に持ち込みたいね。沖縄方式ね。できるかな?業界人。でもここ、「正念場」よね、マヂで。
posted by 浪速のCAETANO at 00:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック