2015年12月02日

電車では寝たふり

駒川中野で買ってきたスペアリブをマーマレードとワインとバルサミコで、圧力釜を使って煮込む。

速い。

もう昼間から飲んじゃおっか、など思う。飲んだかどうかは置いといて。期末テスト、長いぜ。先月の20日から始まったのに今月の10日にならないと終わらない。嫌がらせか。

こちらは終わんの、遅い。遅漏。

早い遅いは時と場合であるな。

この時期はまーまーおれとしては時間に追われあちこち行ったり来たりしてるのだがもう電車(・地下鉄だが)では必ず「目を瞑る」。寝てるのではないの。「個に浸る」のだ。かつて「大衆の中の孤独」とはあんまり良くない意味で使われてたと思う。繋がりたいのに繋がれない、そんなことだった。

事態は変容してしまったのよね。変容して以後、かなりの時間が過ぎたということね。PCやモバイルがそこに貢献してるのは間違いない。

今、おじさんが「かわいいね」とBABYのアタマを撫でようとすると犯罪者扱いされる時代なのだからね。お互いがお互いにとって不審者なんだからしょうがないわけね。

おれのその行為は主に「アレンジ」を考える作業に使われているが、そうやって音楽から「遠く離れた」を時に音楽が「湧いてくる」それもリアルに。イアフォン男にはだからならないし、そういう何かの刺激を受けた挙句の個への耽溺は自分はしない。

いろいろバンドをやってきたし、やってもいるが、他人と共に音を出すことの良さは良さであってよく、ただ、アート自体がこれだけ個人に近づいた時代、1人ならではの音楽形態もあっていい。純ちゃんの第二回月命日追悼の数日後に、ロッジ舞洲での「ちょっとした営業」があり、そこ目指して、そういうことの「発展」したものをやりたいと思ってる。ひとりの気楽さとバンドとはスウィングの両極なので。行ったり来たり、がいいのね。

AWAY上等ね。同じ曲もマルタニカズ'ズによればこうなったみたいなことね。演奏、好きだからね。時に歌ってるのは辛いことがあるが、演奏はいつでもオッケーよん。ん、それ身体使うのしんどいだけか?老化の兆候かもしらんですね。まあ、それでもよし、かな。







posted by 浪速のCAETANO at 13:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック