2015年12月12日

ピンハネ野郎、go to hell!

なんか間違ってる。世の中。

何も生み出さない人間によるピンハネの時代だね。エージェント全盛。50:50ならいいんだけどね。25:75てなんやねん。なんもやっとらんお前らが75てな。おれらは,disposable matterか、replasable matterか。

いやーほんと、貧乏人がそこから脱出できんようにできてる。

とある某業者の搾取のひどさに怒ってた。

政府と産業界はグルだね。あいつらはオノレらが雲の上かどこかにいるつもりなんだよね。で、地上でジタバタする人間たちがジタバタすればするほどピンハネ額が増える仕組みになってるということだった。

いや、参ったし、呆れた。予想はしてたけど、そこまで酷いとは思わなかった。バカやろー。


おれも仕事はするが、ほんとそんなにカネいらない。ここ、「度合い」の問題なのだがね。夜の酒が旨い、そのためだけに仕事しているようなものだが、世の中は加減がほんと、むずかしく、やる気なくなるとすぐ食えなくなるし、なんとか身体もアタマも回してないことには生活も回っていかない。うーん、なんとかうまくいかんものか。


タジンが割れたがまた買って、Moroccan三昧。まだ極端に寒くないからそうでもないがモロカン・鍋・鍋・モロカン'・鍋・モロカン・鍋・鍋・モロカン、、、、、、、、、、、となるはずだ。

冬はそれでいい。それがいい。井の頭五郎ちゃんの口調だが。あの食欲羨ましいけどね。

昨日ホルモン食ってて何かしら「原罪」めいたことを感じた。気のせいかな、と思ったが何かしら感じたあまり深く考えると何も食えなくなりそうな気がして、それ以上は「置いた」が、なんだったのかな?

今年は正月、実家へとは行かないから久しぶりにおせちを作ろうかと思ってるが和風・伊風取り混ぜて。ただ、食材の安全などすこしかんがえてもしまうね。何もかもすべてオノレで、とはいかないから、デパ地下なども利用することとなるのだが、そっち方面でも不安になったとしたら「食うもんないやん」てことにもなるわけ。

考え出すとそれこそ「キリがない」。

ラーメンがヤバいという話はよく聞く。おれは全くと言っていいほど外でラーメンは食べない。揚子江に5年に一回行くぐらい。骨髄をとことん煮るってのがやっぱりヤバいと思うけどね。ストロンチウムの凝縮ね。毎日味見するラーメン屋の大将たち、どんどん死んでいくのではないのかな。

今日もさきほどTVでおれもこないだお邪魔した松島(宮城)の牡蠣をラッシャー板前が美味そうに食ってたが、近すぎない?福島に。そんなこと言うとまた食うもんが減ってくるが。

いろいろもうきびしいことだらけで希望の欠片も見当たらない世の中、ある種階級が固定してるから、そこにいる人間にはこんな「楽勝」な時代もないだろうけどね。ダイナミズム、ゼロ。

それでも、まあおれは「楽しそうに生きてますね」な〜んか言われて「どこが〜」なんて答えてるけど、それはきっとバカ時代の名残をどこかに留めていることと、まだ本質的なとこ、「折れてない」からだと思う。どこかに希望が内蔵されてるのだろう。声にはSENTIMIENTO内蔵してるけど。












posted by 浪速のCAETANO at 11:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック