2015年12月20日

一人格分・終了。

舞洲。2015最終ちゃんとしたライヴ。

<S.List>

きみの巻き毛の下で

サンバがサンバであるからには

若い世代

Casa Portoguesa

I'll never fall in love again

折りたたまれた時間

Si vous passez pas la

<intermission>

青のルムバ

Beleza Pura

Day Dream Believer

粋な男

Happy Christmas(War is over)

Ju suis veni tu dire ………

Magamarabares

らくだの夢


いい選曲。

誰もこんだろうと思って油断してたら、ヒゲ&拓坊がきてくれた。

cubeはオケ使うとやっぱり限界感じる。

牡蠣うまかった。10個は食ったと思う。ライヴ前に酒だいぶ飲んでたが、このライヴのために来たよ、と言うおっちゃん、おばちゃんがいて俄然気合が入る。

来年はこの1人のセットで、関西の小さな店を回ろう。バンドはバンドで。本当なら純ちゃんとやりたかった、と言うかやってたけどね。

おれ内ゲリラ活動、みたいなものだなと思う。もっともミニマルな形。最小形でないとできないこともあるんだね。おのれの修行という意味もある。

さて、おれの、というか音楽する者としてのおれですが、その2015は終わってしまった。

2016は「GuerraのAno」である。そこでどうおれの音楽は変容するのか、しないのか?興味がなくもない。

人生は実験。おれもきみもあなたもモルモット。
















posted by 浪速のCAETANO at 10:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック