2005年06月13日

梅雨入り後

 日曜日、久しぶりの地区のソフトボール大会が午後一時からあることになってたから、アキレス腱とか切れちゃってもいやだから、軽く朝から川沿いの路をハシルでもなくアルクでもなく、とりあえずウォーミング・アップをしたわけだった。

 昼過ぎに豊津中のグラウンドに到着して、本日出る人たちと挨拶などしていた。地区のソフトボール大会に出だしてから、かれこれ15年ほどになる。ずーっとサード四番の「チョーさん仕様」でやってる。ぼくの住んでる地区は老人が多くて、最初出だした頃は地区のおじいさん・おばあさんたちにものすごく感謝されたものだった。しかし、慢性的な人手不足と会長のヤル気のなさが原因で二年連続で出たら二年連続でお休みとか、そんな感じで、だからこちらも年に一回だけグローブしてバット振るなんてことになるわけで、今年も二年棄権したあとの話なわけだった。とにかく大きなのを打つことに懸けていて、前回三年前もライトオーバーホームランぶちかましたし、その感触だけを頼りにいつもやってるんだけど、今年は第一打席の初球、手応え充分・飛距離も充分フェンス越えだったのに残念!!!ファールで、その打席は四球、次は高く上がり過ぎのライトフライで敵のアホライトがファンブルして出塁。その間にもゴロを華麗にさばいたり、足元滑ってエラーしたり、ショートよりのゴロを二つカットして一回は腰ガクガクになりながら一塁送球でアウト。もう一回は回転して立ち上がって送球したが間に合わなかったり、まあ地域のおっちゃんたちからは、「昔はそんなもん、もっとバリバリやったでえ」とか言われたモノの、本人はやっと感触戻って来たのにー、となった瞬間、
次は来年ね。ってことになるわけなのである。PCばっかりやってるから目は間違いなくインできてるし、しかし、ソフトボールのピッチャーの球ってこれがまた、意外と速かったりするわけだけども、それをバットぶん回して遠くに飛ばすなんて醍醐味はいつまでも捨てがたいなー、と思う。

 翌日起きてなんか筋肉痛ではない肩の痛みで病院いったら肩の、鎖骨を繋ぐ関節がちょっとインでた。まあ大事にはならなかったからよかったんだけども、例のゴロカットの回転時なんだろうな、と思います。筋肉痛は2日後の明日ということになってます。これもう約束やし。

 来年は一度ナイター取って、試合前練習しましょうという約束を地区の会長のおっちゃんと交わして、気だるく帰って来たというわけでした。

 近畿は梅雨に入ったが、初日だけ。その後は「既に真夏日」が続いております。他の地域の方そちらはいかがですか?
posted by 浪速のCAETANO at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック