2016年04月16日

中央構造線を東に行けば

断層にしてみても、地層というのは海と陸とか関係ないからね。特に中央構造線というのはもっと規模大きいからさ。

熊本→阿蘇→大分と震源は動いている。「連鎖」です。まさか大分の地震を熊本と「別件」と言える学者はいないでしょう。誰が見ても「連鎖。

さらに、阿蘇山噴火。関連は「わからない」だってさ。何のために勉強してんねん、お前ら。

たとえばさ、アカデミックには関連付けられんもん、火山学と地震学はおそらく細分化されて仲良いのか悪いのか知らんけどさ、余計なこと大衆に知らせん方がいいとかそんな政治的判断してるのならそれはあまりに日和見で無責任。ここ、事態をunderestimateするべきじゃないのね。

あんさ、胃とかお腹とか意味なく揉まれたりしたらウンコしたくなることってないのか、オマエらは。地震と阿蘇山の関係を卑近な例で表現してみました。いや、そういうことなのよ。

中央構造線は東西に延びている。こいつは、実感がおれはある。熊野や高知の岩肌がソックリなのだ。北から南へと縦断するとほんと実感する。われわれが住んでるとこのそれとは全然違うのね。そのお互い由来するものがまったく異なるということがわかる。

で、東に行けば何がある?細長〜い佐田岬ペニンシュラの根元に何がある?

伊予原発ね。川内原発の下にも九電が敢えて見過ごした活断層、あるが、あんさ、伊予原発の真下は「中央構造線」ですよ。モノが違う、の意味わかるかなあ。組長と鉄砲玉、という例えでどうなん。

川内原発は震度5以上で「自動停止」じゃなかったのか!?

東日本がな〜んにも教訓になっとらんじゃないの、キミら。もうアホ過ぎておならプープー音頭でも踊りたくなるが、しかしね、まだここまではさ、天災と言っちゃってもまだいいよ。地震はね。しかし、ここから先はまあ余震は続くんだけど、0→1ってことじゃない。みんなもう油断はしてない。だからここからはさらなる悲劇の可能性の芽を摘んでいくことをやらなあかんのよ。そこが東日本もう忘れてるやろ、偏差値40・吉祥寺大学。

まずは稼働中の原発止める、だろ?わかる?わかりる?アホは「何遍も同じこと言われなわかれへん」から言うよ。アホ・800人ぐらい見てるから扱い方わかってるよん。もう一回言うで、よう聞けよ。「川内原発」を止めなさい!早く。

ほらー次は日向灘、来るよ、来たよ。








posted by 浪速のCAETANO at 10:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック