2016年05月01日

Savanna,No!

もう精神的にズタズタのボロボロなのだけど、昼夜入れ替わった生活がそれに拍車をかけて、なぜか危機ではない方向に気を持って行き、ズタボロを忘れ、ぼーっとしてる間にも危機は時計の針のように容赦なく進んでたりする。気がついたら「確実に」悪くなっているのだ。まあさ、でもこれ以上悪くならんやろというアホの想像力をカルく現実は超えていくので、その無力感は空爆が続いたシリアの人々や余震の止まない熊本・大分の方々とさほど変わらないと思う。リアリティはことなるにせよ。
もう10年前と比べると確実にアホ化が進んでいるので、その簡易な比較に怒られる方もいらっしゃるかも知れないが、大目に見て欲しいな。

いい喫茶店を見つけた。吹田市のマージナルな場にあって、まあ大抵そんなのは「どうしようもない店」なことが多いのだが、そこは「当たり」。スペースとメヌとヒトがいい。江坂のHiro本店にも近いが、もっとゆったりしている。コーヒーおかわりして長居してしまった。情報誌と無縁な感じもまたいい。客層も老若男女と社会の縮図的。客のボディ・テリトリーに知ってか知らずか気を使ってるとこもまたいい。効率など、ロクなもんじゃないからね。

昨夜はサーガ・ノレーン後、うとうとしてしまい気がついたら午前3時だった。店にもいかず。後でケータイ見たら、久方ぶりのヤツと空気があったみたいだったが。まあこちらの体調・精神状況もあるよ。

店の客は大体いいこが多いのだけど、困るのが2名いて1人は深夜に酔っぱらった勢いで店長の手とかチチとか触りに来るバカ親父、もう1人は同級生のバカ夫。バカ夫はもう店長を「襲う」ぐらいの勢いらしく、まあこのバカ2名をいつ正しい「出禁」にしてあげようか、というタイミングをおれも模索中なのであるが、そんなしょっちゅう客ビンタもできないのね。まあもうじきだけどね。もうホントにサヴァンナかよここは。まあそんなこともあり、おれも早起きの日が増えちゃって、昨日はそのツケが回ってきてたのよ。だから許せS水。ルール違反のバカ、ほんとに多いんだから。

いやー、世間的に言うなら「かっこいいおっさん」になんのってなんか難しいみたいですね。あんまり中津界隈にはおらんなあ。

Todo O Mundoもやっとshop gearが整ってきた、といいますか、以前は店の経営を邪魔する店員といった論理矛盾なバカがおったりしたから、もうどうしようもなかったんだが、それも曽根崎からの負の流れだったのだけどね、そこから解放されたと思ったら店長の度重なる入院でなかなか以前のような女子10数名といった日替わりの狂騒には程遠いんだけど、まあ今はいらんが、奥の部屋も個室感できてきたし、まあ、最近の流れなど見ていると、またいいお客が増えてきたな、という感じ。

sustainableがいいのね。国はそうでもないが。市場が閉まってる間に5円も円高に振れるようじゃあかんすよ。そのあたりもサヴァンナ感、満載。ヒトは今、野生動物化してきてる。ええように言いすぎか。弱肉強食の論理の前に抵抗できなくなっている、かな?人間でいることがツラいんだね。じゃあ、チミらにも人間のルール適用してあげない。それでいいね?






posted by 浪速のCAETANO at 07:43| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック