2016年05月06日

びんぼーでビックリ

みなさんの月謝が遅れに遅れ、さらに外仕事の入金が手違いで1ヶ月遅れ、久々に学生時代並みのびんぼー経験のこの数週間だった。あー死ぬかと思った。

月謝は、ほんと、みなさん、遅れずにお支払いくださいね。基本、おれ、個人商店なのでね。

「もやしは買えるが、ネギが買えない」わっかるかな〜?ある場面での話なのだが。スーパー行かん人にはわっかんねーだろうな〜〜、と松鶴家千とせ化しておくが、自分でもビックリした。

この時期、なんかお金ないのよね。ここ、traditionでもあるのだが。三月決算で五月の怖ろしい消費税とか、そのtraditionは見事に引き継がれている。

「日本死ね」いやー同感同感。早い話が「国体」守りたいだけなのね。国民は将棋の「歩」だからね。国体って国民体育大会ではないので。

おれたちは「ありにんげん」なんだよね。過去の名曲の先見性ですけどね。

別に行っても「相手にされん」外遊してる間にも、熊本・大分の悲惨と恐怖は続き、被災者でもないこのおれが「ねぎ買えん!」ってなんなん?店長にはだいぶウケたけど。

これがこちらの国の庶民の現状。まあピンとこない方は恵まれてるってことね。

店に行けば酒は飲めたが。家で飲む酒がどんどん減っていき、何故かは分からぬが、最後に、よなよなエールとサンブカ・ラマゾッティとカシス・リキュールとスパークリングが残った。カシスは飲む気にはなれなかったし、エール・ビールと泡は「なんかの時に取っておこう」と思い、いや惨状がいつまで続くか不透明だったから、で、ラマゾッティを飲んでいた。ペルノ、ウゾ、いわゆるアニス系のクセ満載の酒ですが、まあ飲めたわ。水で割っても濁らなかったけど。10年もの!でもそればっかり飲んでたら酒が嫌いになりそうだった、そんなとき、店で飲む例のTequila美味かったねえ。飽食の時代にこういうことも悪くないんじゃね、とかちょっと思ったけどね。

いろんな人々の好意により立ち直ったおれはdbを訳し続けてる。第2章がもう終わる。My Life in Performance。ここらは熟知している場面だから、わりとスラスラ。おもってるとおりのこともおおくてね。これから「録音」の話の第3章、第4章へと続く。ここもよく分かってる。PRINCEと「同期」だから、録音は好きなのね。最近、やる気にならんけどね。ここ、「ネコの盛り」みたいなもので、やるときはやるがやらないときはやらない。録音が「personal」なものとなって久しいが、これはみんなで「せーの!」でやるのとはまるで別次元。おれのようなプロデューサー体質の人間はこれはやらずには生きてはいけないのね。「葡萄」や「クジラ」が消滅してしまった以上もう一回録り直し・しか選択肢がないからね。ちょっと旧いテレコタイプのハード・ディスクで録るのが一番好きである。ちょっとした不自由が要ったりもする。思考停止に陥らない処方箋とも言える。PCはどーもいかん。合ってない。マスタリングの問題はあるが、まあなんとかなるよ。

今年度の仕事のルーティンが決定したらそろそろやろう。来るかね、発情期」?

高瀬の追悼、終わった頃、もう次に行かなきゃと思えるんじゃないか。












posted by 浪速のCAETANO at 15:07| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iPad で garageband というのが シンプルでスマートで いいんじゃないでしょか
Posted by TOYOPIKO at 2016年05月10日 11:18
曲次第ね。ストロング・スタイルの場合は敢えてアナログ的な方がその不便も込みで燃え、な場合も。

>TOYOPIKOさん
>
>iPad で garageband というのが シンプルでスマートで いいんじゃないでしょか
>
Posted by 浪速のCAETANO at 2016年05月12日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック