2016年06月18日

ブリティッシュ・ダービー(part1)

いやー、ベイルの左足、凄かった。

今回のEuro、ラグビーみたい。UK全員集合ゆえね。

TVの不調で一回HALFしか見れないが、そうでなけりゃ延々見続けてしまうだろうし、ちょうどええわ、と負け惜しみ。

しかし、England vs Walesをなんと呼べばいいのだろう。ブリティッシュ・ダービー?じゃあ、Scotland vs Englandは?ね、わかんないでしょ。

あり得なかったことが起こると、それにまつわるWORDが用意されてなかったりする。

UKがEU離脱か否か、のタイミングでのEuro、なかなか皮肉なものだ。女性議員への古典的テロ、衝撃大きいけどね。なんかあったらすぐ人を殺す、って世界の地域を問わず、みたい。人命は軽くなってる。オノレが「軽く」扱われてるからね。自分のも他人のもどちらも軽いからね。

昨日、タバコを買いに行った、もっとも安らぐ天満・天六界隈で思った。安らぐ以上に、ここは気分も浮くなあ、と。自分にとっての「街」は天満・天六界隈でいいなあ、と思った。日常と非日常の間のちょい日常寄り。駒川中野も九条もええな、と思ったが、天満・天六界隈にはちょっと負けるなあ。質・量ともに。

おれは新梅田食道街とかっぱ横丁以外の梅田って「ごめんしてちょ」と岡山弁になるぐらいに自分には最早必要がないがサラリーマン時代の会社が阪急ファイヴの裏だったこともあり、たまにふらっとエストの横とか通るが歩きながらゲロ吐きそうなる。もうカラダが受け付けんね。タバコ買いに行く東通りとかはもう日本じゃないと思えるほど、だが、まだそっちは大丈夫なのね。変だね、と自分でも思う。かなり、奇妙な街になってるが東通りと旧バナナの通りを結ぶ路。あかんやつしかおらんけどね。エストの通りよりはマシ。

さて、ブリティッシュ・ダービー(part 1 と勝手に命名)の後半の後半。さっき1-1だった。結果知ってるけどね。もう新聞もネットも油断ならんわ。









posted by 浪速のCAETANO at 14:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック