2016年06月20日

おお、カミさま

早起きして学校終えて、辛〜いカレーと生ビール→おばあさん喫茶#2〜帰宅。働くのはこんなもんでいいっす。

ただ、学校も今年までかなあ。Vietnameseたち物理、化学、理系数学とってくれないんだもんなあ。中国人たちで溢れてた数年前が懐かしい。これもまたこちらの国の「オチブレ」関係してるよね。割と気に入ってるんだけどね。思い通りにならないのが「戦前」であるね。

最近のガキたちは、音楽=体制が普通と思ってるみたい。小野島大氏がFBで嘆いていたが、あのさ、完全に断絶ってあるね。「音楽に政治を持ち込みやがって」とか言ってる。あのさ、そこまで「小さいもの」にするからおもんないのにね、音楽がだよ。今の音楽ですが。

音楽はかつては政治をも「内包」にしていたんだけどね。だから60sやその名残が充満している70sやそこでアカんようになった音楽に「Fu○k」と物申したい80s前半ぐらいまではパワーが「まだ」あったのにね。

そんなことはなーんにもわかっとらんのだな。

政治的な言葉を歌詞に盛り込め、とか言うてるんじゃないの。たださ、そこで今生きている身としては「状況」ってあるじゃん。オノレの不運を歌う際にも、オノレの不運はほんとにオノレの責任のみによるものか、とかさ、なんかもちょい大きな圧がかかってるからそうなるのかも、とかさ、少しぐらい考えるやん。

そのアホな若者たちは「音楽って反体制のひと多いのってなーんか、、、」「音楽に政治を持ち込みやがって、、、」そんな意見で溢れてるのに、まあ、少しぐらいは予想してたんだが、ビックラこいた。

ふ〜ん、と思う。思うし、そんな子たちは頭悪いから、おそらく歴史がわかってないんだろうな。物事には因果関係があるなんてこともものすごくショートレンジでしか、もっと言うと自分の生命の誕生ぐらいからのスパンでしか見れてないんだろうな、とは想像できる。物心ついたのがだいたい90sね。日本のメジャーの音楽ウンコまみれの時代だね。それが原点なら体験としてはわかるけど、そこ、見事に「jーポップ」始まった時代よね。そこの断絶って、うわ・やられたな、と思ってたのだ。それ以前には音楽なかったような言説に溢れ、見事なる断絶を作り上げてた。電通の仕業でしょう。

kむろとオアシスをおれは憎んでる。あたまの悪すぎる音と歌詞、グルーヴのない音、一番憎んでる。グルーヴのわからない人間は音楽から距離を置いた方がいいと、本気で思ってる。アホな歌詞にやられるアホな人多すぎてねえ。どうしようも、ないねえ。グルーヴってなんなん?と洟垂れられても、教えない。教わるもんとちゃうから。体感するべきものを例えば小銭かせぐために学者とかが説明してあげるから逆にいかんわけよ。解説、いらんから。わからん奴は距離を取りなさい、音楽って「怖い」のよ。政治的じゃないことってそれは「ひじょーに安全」ということでもある。安全すぎる音楽もなあ。今の子たちってほんと頭悪いから、くそ時代遅れの二元論というか、こっちじゃなきゃ、えーそっちですか、みたいなそんな安もんのパソコンか、みたいな反応しかしなくって、首絞めたろか、みたいなこと多し、だ。何かの断言の後には、、、、なんだけどね、が入る、それが健全な人間です。どっちかに「イキ切る」なんてほんと頭わるい。だったら人参ばっかり食って生きていけ! 

ん、それもよーわからんて?言われりゃそーね。

まあ、なんでも「安全」になって目を付けられて潰されないように、これも「時代」ですが、明らかに物足りないね、おれたちにはね。手法の問題でさ、Clashみたいな直情型もあればDavid Byrneみたいにreally cleverな人間もいる。後者のスタイルは難しいけどね。でも直情のフリって簡単だったわけよ。単純バカだから。カッコと音だけPUNKっていっぱいおったもん。今、ほとんど消えてるけど。NY Punkと「便宜上」呼ばれてた人々はオノレらのことをpunkとは思っちゃいないしね。

ほんと、ガワだけの浅薄な音を垂れ流し、リアルタイムでは選択肢のない「状況」を作って、ビンボーな若者からカネせびり取って、のみならず、彼らの大事な時代の記憶をウンコまみれにしてるわけね。これ犯罪的。て言うか犯罪そのもの。

ウンコまみれの頭だからもうちゃんと物事考えられないバカ大量生産してしまってる。そのうちの何十%はネトウヨになってる。さだ、とかナガブチとかが好きな人間てさあ、「わたし、あほだけでなく、センスのセの字もないんですけど、、」と世間にカムアウトしてるのと同じなのに気づかないのね。同意を得られるからでしょうね。それ、変な自信になるからね。反省の機会にはならない。

もう気持ち悪いのだ。脳ジャックに記憶ジャック、これはもう手の施しようがなくて。過去は取り返せない。オーマイガッドとはこのことだよ。いや、マヂで。





posted by 浪速のCAETANO at 18:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック