2016年06月22日

公示日に

鬱陶しい空模様だが不快ではないな。いま湿度58%。信頼おけんうちの湿度計ながら。

今、親父が2度の癌の手術の狭間で脳梗塞になってリハビリ病院にてリハビリ中だが、ある意味、おっさん幸せ者か、と突っ込みたい。この後に及んで「オノレの」ことだけしか考えんでええっちゅうことに関して。

幸せはミクロ視点の中にしかない。

ちょっと視界広げれば、もうあらゆる悲惨が目に入ってくるからだ。他人事であって他人事でない。感情移入の問題もあるが、リアルに明日は我が身という意味でも。

責任ある立場の人間がこれがまた視野が狭いからオノレの責任を矮小化している。立場を忘れて年収うんびゃくマン(一千うんびゃくマン)のサラリーマンという自己設定しかないのは問題。

なんか、そんな感じ。

自分の仕事のアウトプットはなかなか出ないけれど、仕事してる実感にかなり乏しいものがあるのでは、そう思っていた。自己保身、逃げ切り、そういうのが座右の銘になってる人、多いんじゃないかな。

さて、「IMF」が言いました。アベノミクスは目標達成できない、と。

それでも、アクセル吹かす、と。とりあえず、そこだけでも辞めてよ。ほんと、どエライことになりまっせ。今は貨幣量とモノが実はダイレクトにリンクしてないから、ラッキーにも、一部都市部のミニバブルで収まってるけど、これがその泡弾けたら、その膨大な貨幣はモノとチョクで向き合うことになる。何が起こるの?

ハイパー・インフレーションが起こるの。

ほんまの「チーン」だよ。間の悪いことに、そんなと南海トラフが動かないまでも局地的な劇地震が起こったりとかは充分考えられることでしょう。もひとつ「チーン」。

皮肉なことにバブルが「緩衝材」になってくれてるわけね。ショック・アブソーバー。そういういらんもんで「遊んでくれてる」からまだ救われてるのね。皮肉なことに。

日銀も政府も実は経済対策って「持ってない」。ただ、紙幣刷りまくるのと、それ国債引き受けるのと、ただそれだけ。キミら、中坊なのか。

経済はボトムアップでないと。ドライヴを持つのもボトム付近。市場やスーパーが活気に溢れるような、そんな状態。ボトムのドライヴの絶対値は小さいが、まだ✖️一億人超おるよ、日本人。

消費税,back to 5%、給付金ヒトリアタマ100万円。予算はたった100兆円。財源は道とか作るお金(特別会計ってヤツね)。そこには公開されにくいお金がその予算の4・5倍はあるよ。政治屋にはそこもーたまらんとこだろう。やめられまへんな〜、ってとこね。

みんな、再浮上のキッカケがないんだよね。リチャレンジできる社会、ではない。そういうのが出来るんだったら、おれは自民党でもいいよ。出来るわけがないが。

でもね、それが「真の分配」。ネーション・ステートがかろうじてまだガワだけでも保ってるうちにそれやっとけよ。どうせ、アメリカに全部取られるんだから。それ深刻なselling the countryよん。

おれは三菱自動車の下請けのおっちゃんらが気の毒すぎてしゃーない。

本社のバカがオノレの責任を忘れて、自分を年収いくらかしらんがそういう、自己規定の矮小化が原因のひとつだと考えるから。











posted by 浪速のCAETANO at 12:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック