2016年10月16日

dizzling

一昨日、連絡があって、父親の癌がまた肝臓にそれも複数見つかり、今回はカーペンター先生も手術はもう勧めないという意見であるということだった。

おれもそう思う。

リハビリ病院を退院して小規模ナンチャラといったデイサービスみたいなとこに通い出したところだった。

余命宣告もされた、という。親父は気道確保のための器具を喉に穴開けてつけているから喋れないが、発見が2015の11月と思えば一気に生命力が低下したみたいだ。老人てそういうものなんだな。何を思うのだろう。

脳梗塞も2度起こし、それが原因のリハビリ病院だったのだが、こないだ実家へ行き、退院に立ち会い、その様子というか家まで抱えて歩いたことを思えば、やや残念ではある。ちょっと上向きかな、という気がしていたので。

ホスピスも視野に入ってきたかな。もう、穏やか、というのが一番だという気がしてる。

実家へ何度も、と思うが、この時期身動きが取れない。遠いところに親がいるとここ、が困るね。ジタバタ、おれがしてもなーんにもならんので、静かに状況を見守るしかない。


今日は暖かい。これもこの時期のいいとこ、であるね。ここのところ、ひんやりしていたので。

昨日からまた別のことでバタバタしていたので、今日は塾と予習、時々訳、さらに時々ギターの日常を味わうつもり。

これからほんとに忙しい。入試も始まる。高校大学予備校tutor。ははは、笑っちゃう。まあまあしかしカラダ使ってるから、歩き方はまだ「覚えている」。店でのバカ飲みはほどほどにこの秋は進んでいくことでしょう。







posted by 浪速のCAETANO at 12:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック