2016年12月07日

終わりのタイミング?

もう12月ゆえ、女子大のX'masのイルミネーションが綺麗だった。標準語を話す学生も多く、京都、関西だけじゃないみたいだなと思う。

もうひとつの元知事が学長のスポーツ系大学は完全に県内が8割強。桃山台のヤツが一人いた。うちの塾の卒業生も過去にいた。吹田から通うって「もーたいへんっ!」おれは毎回「旅行気分」だが毎日となると、どうだろうか?晴れた日の湖の美しさも霞んでくるだろうなあ。娯楽なし、の街である。

どちらも気持ちのいい学校である。今月から行く大阪s大はどうだろうか?

はんにゃしんきょう、バカでしたね。長崎の、昔からいるタイプのオヤジだったね。3区というから島(五島・壱岐・対馬)と大村湾の対岸。佐世保。そこらへんかな。「おれにも佐世保」。

今月、来月と時間を見つけて、オフクロの手伝いに行ってこようと思っている。親父の介護の手伝いである。まあどシロートが行ってどうか、ということもあるが、他のことはできる。炊事とかね。体の移動とかぐらいなら出来る。見習いで一月、やったからだ。五月のことだった。

役に立つかな?

想像するに「無間地獄」のような世界を今オフクロは生きていると思う。ちょっといたたまれない。本人もガンなのだ。気の休まる時もなかろうと思う。何か助けになることをしたい。ついでにトルコライスも何種類か食ってきたい(アホですか、キミは)。

年金も目減りしていると言っていた。これからもっと減るだろう。サイテーの国になってしまったそのタイミングに運が悪いとでもいうしかないのだろうか?

そこは数年後におれたちも味わうことになるのだが、覚悟決めないとね。

カジノなんか作っても最初だけなのに、バカでしたね。経済効果という馬鹿の一つ覚えを言うのね。カジノの10〜30倍もの「市場規模」のパチンコがあるのにね。アトランティック・シティの「失敗例」などは無視するんだね、こういう時。

この急ぎ方はdtへの上納金ですね。マデルソンだっけ?ヴェガスのカジノ王に全部仕切らすという話だから。dtへのよいしょ、ですね、この急ぎ方。なりふり構わないSLAVE ATTITUDE。クラブはmade in Chinaというオチだった。

「空気を読め」そんな精神圧力のかかるこちらの国だが、「?」と思うことがある。世界の空気、読めてないのでは。グローバルで語弊があるならアメリカン・スタンダードの世界への押し付けがアウト オヴ デイトに「もうなったんだよね」、それなのに、グローバル路線を維持、今や突出、ひとりだけ、暴走というより、独走、違うレーンを、そんな感じ。hcが勝ってたらまだパートナーがいた。だがdtだよ。別におれはdtを買ってるわけではないんだけど、hcなら世界戦争、dtでもおそらく小さな戦争は頻発する可能性はあるが、ちょっとあまり「未知数」すぎるからそこ、なんとも言えないのね。

感情的な反応はやめようって事よね。アメリカ国内ではそりゃ「大変」だと思うよ。チョーシ乗りはどこにでもいる。

グローバルはもう終わり。そして「ホンネ」の時代へ進む。これが流れでしょう。グローバルとポピュリズムの二択ではないしさ。前にも言ったが、迎合するんじゃなく、意見を聞く、それをポピュリズムと言いたければ言えばいい。そのPOPが「すべての99%」であればいいのね。dtに関する今のところでの懸念はその99%の内部で線を引くからなんだよね。資源の有限を鑑みると、dtのような人間が出てきてもしょうがない。ただ視点はドメスティック。もっと怖いのは1%の側にはそれを「公言」している者たちがいること。その「視野はグローバル」だから。hcの側だけどね。hcもまた駒だったと思う。

10億人まで「削減」する、と言っている。方法はウィルスや「戦争」しかないよね。

dtになって、事態は可視化された状態で進んでいくと思う。ここは、おれはいいことだと思うんだが、そう言うと、なんか誤解も招きそうだが。hcだと事態は見えずに「突然の結果」に戦慄することになっただろうと思う。見えた方が絶対にいいと思う。対処できるという意味ね。こちらの政治家の「勇敢さと知性」にかかってると思う。そう言うと「あーやっぱりムリ?」そんなことになるんだけどねえ。

両親を看取るタイミングが「終わりのタイミング」、かなあ?










posted by 浪速のCAETANO at 17:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック