2016年12月30日

いやーみなさん、お疲れ様

もと生徒からレポート助けてコールがあって、助けたけど経済学だったからちょっと手こずった。くそう、丸一日潰れたぞ。カラダでお礼してもらおう。しかし、ジニ係数、そゆことねー、なるほど。

さてさて、明日大晦日に問題児バンド・すっぽんぽん'ズが本年「最初」のライヴです。だはは。@GANZ、21:00前後。大晦日オールナイトの宵の口ね。

あーー、やっと「……しなあかん」から解放された。束の間だけど。明日はおせちでもお重に詰める作業をもうマイペースで。

昨夜はSentimiento '17の(まだ正確には'16ですが)のリハ。みなさん大変でしょうがよろしくね。おれの曲、難しいんだよね。ごめーん・ちゃい。難しいっちゅうと誤解を招くから、ちゃんと言うと、聴いて難しくないがやって難しい、ということ。変態転調や変態リズムがさりげなく散りばめられていたりする。これ見よがしではなく、だから聴いてると違和感ないのね。ただ、やる側はやや神経は使う。自分もそう。もう過去のことなので(作ったんが)、他人の曲みたいになってる。若干、ソングライターとしては嫉妬する。こんな曲、よう書けたな、と。自分の「趣味」だし。

「singin' in the rain」のレイア・ママ、そしてピエール・バルーも亡くなった。「サラヴァ」を聴きたい。一度会いました。バナナホールで。ムスメ、ナマイキ。マヤ・バルーね。

ほんとうにいろんな人、亡くなった一年だった。著名・無名問わず。まあ、おのれもいつそっちの人になるかわかんないけどね。その忘れられ方がなんか「切ない・やるせない」。それほど、追われてる、おれたち、日常に。こんな国に誰がしやがった!

ブスのおばはん、網タイ好きの。pearl harber帰ってすぐ行ったね。なんか日本に帰ってきたら、まさにホーム感覚で、それは世界に伝わらん、とでも思ってるみたい。歳の近いの、そんなんばっかし。いやんなる。

「boots on the ground」と言ってた失脚しそうなアーミテージに代わって、マイケル・オースチン、若手J Handlerだけど、「自衛隊の実戦能力を見てみたい」と「公然」と言っている。翻訳すると「中国と一戦交えてみさそか」ということね。場所は南シナ海。or東シナ海かもしらん。ヤツらのメンタルがおれは怖い。40代ね。ブレないんだね、ハートが。虫を見るような目でおれたちを見てるのね。あのさ、アメリカは決して「出てこない」からね。日本にやらせといて、「まーまー」と「正義の第三者」としておもむろに登場するから。来年、あるかもね。

もうね、鬼籍にいつ入ってもええけんね、ぐらいのメンタルでないと「ふつう」に生きていけませんよ。逆説的ながら。おれも1.20の「裏タイトル」は「生前追悼」なので。

最近毎年言うてるが、年末に、「今年は史上最低」でも〜来年は「もっとサイテー」。

もう「おめでとう」もさ、儀礼度アップしすぎだと思う。どこがめでたいねん!言うのがツライよ。「ハッピー・ニュー・・・ギニア!」ぐらいでちょーどええわ。









posted by 浪速のCAETANO at 19:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック