2017年01月18日

スウィングの幅はまあおっきい

スッキリと晴れた湖西は本日はなかなか美しかった。自然の具体の存在感が大きいと天気の良し悪しが必要以上に誇張される。

「酵素・炭酸同化作用・異化」まあ代謝ですね、本日のテーマ。

色の反射・吸収(なぜに葉っぱはグリーンなのか)、葉緑体・ミトコンドリアの戦略(細胞とのwin-winの)、遡ってイヴ(おれたち共通の祖先)など脱線もしながら、なんとか終わる。進んで「脱線する」。退屈はおれもヤなんだよ。まあ本日でおれの授業は終了だったので、最後にカツカレーを食って、駅まで歩いて帰って来た。電車と並行して彼方を走る二本のR161が見える。なかなか面白い経験だったな。ま、大学gypsyが今後の柱の一つってことは決まったので、受けますよ、なんでも言うて。

2月が、だがちょっとこわいね。いろんな意味・タイミングなのだが。

さ、明後日は久し振りにエレキギターを弾く。Richard Thompsonモード?
Amos Garretteモード?St Vincentモードだろうか?運動神経で楽器を弾くといえば、ウチのかってのベーシスト友野周平がいるが、おれもそんなところがある。綱渡りしつつ、バランス崩しつつ、クルリンパ・ギターである。まあ芸当であるね。エレキギターの場合は特に。これもっと頻繁にやるようになるとそんなスリリング、お見せできると思うね。今回はどうかな?

ジョンのニューアマゾンとも久し振りだが、アンツ元木くんのバンドも聴くの久し振りである。元木ちゃんはCVS COWBOYSのかつてのギタリストで、中島らも先生の元義理の息子。元と義理が値打ち下げてる?下げてない?どっち?今はルアー製作で大成功している。

DRがカブっている(岸健一郎)。ラッパもカブっている(サンちゃん、ジョンもかな?)

明日、一曲一緒にやるやつのリハに行くことになっている。まあそれも楽しみにしてる。人がどんどんほっときゃ死ぬ時間帯におれたちは幸運にも生きてる、と激しく実感しないといかんのだよ。まあ寿命だけはコントロールできんけどさ。

「Music around Marutanikaz」というイヴェント、続けていきたいと思ってる。VENUEは二転三転すると思うが。そのアコースティック版も考えている。なんとか続ける努力、いるね。




posted by 浪速のCAETANO at 18:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック