2017年07月01日

20番目の年の12番目の月

昨日からの流れ。というわけだから、「明けまして」がいいと思う。

コーヒーを買いに天六まで行っていたが、真夏ですね。31度だって。梅雨もまた「明けました」ではないのか、おそらく。

今日は最近では1番仕事の少ない日だ。まるで休みというわけではないが。いいのいいの。ちょっとぐらい仕事したほうが酒が旨いから。

カルパッチョ用に鰹を仕入れてきた。白と、だね。

7月に入ったから告知をひとつ。

Todo O Mundoがひょんなことから(ほんとうにひょんなことで、おれが店したいなんて思うわけないじゃん)曽根崎デッド エンド ストリートに店を開いたのが01/08/1997のことだった。だが、乗り掛かった船は沈ますわけにはいかんのね。沈みそうになったことは、あった。だが調子いい時もまあまああった。PHASEも何度も入れ替わった。関わった人間にもいいヤツ悪いヤツいろいろいた。店をやる(やり続ける)というのは、まあおれなどは他のことをいっぱい並行的にやりながらの話で、それこそ多重人格の中の一人格に過ぎないとしても、それでも長くやり続けることの大変さも意義もまあそれなりに分かっているつもりではあって、結果的に良かったのか悪かったのかはよくわからんのだが、これだけは言えるということがあって、それはコストが物凄くかかるということかな。コストの中には「文字通りのコスト」の他に「エネルギー」も含まれる。

多人数が関わっている時も、ごく少人数が関わっている時にしたってエネルギーの種類は異なれど、かかることはかかる。結構ヘトヘトになる。店なんかやらん方がいいですよ。いや、マヂで。今からおれが新たにやれるかと自問自答するなら0.1秒で「ノン」である。まだ当時は30sだったこともあるな。

2度メジャーデヴューに失敗したこともあって、何か潜在的に他のものを瞬間欲しかったのかもしれない。そこは自分でもよくわからないのだけどね。

しかし人生には流れというか渦というか、あって一旦その中に取り込まれて仕舞えば、もう逃げ出すことはできないのね。最初は代理で、その内知らん間に本気になってたな。そこからもいろいろあったが、そりゃ人生で最もカネもあって、身体もアタマも元気な時ですからね。問題もいっぱい起こしつつ、自ら。よく続いたものだ、と他人事のように言ってしまう。まあ現在のアオミ店長のチカラ、かなり大きかったとおもう。感謝してる。昨日もケンカしたが。

なんだかんだ言うても20YEARSの時間が経ってしまったわけです。関わってくれた人々(短期長期、後味良し悪し問わず)にもObrigadoと申し上げたい。もちろん、一回でも来店下さった方々にも。


で、やっぱりTodo O Mundoと言えば「脱国境音楽家・浪花のカエターノ」の店ということになるから自画自賛の記念ライヴをしようかということになるよね。一度だけかつてやったことのあるご近所「Vi-Code」でやるのがいいかなと思って、20年目の最後の営業日に区切りのライヴをやることにしてます。




「Todo O Mundoが曽根崎からthe Bottom of 中津に移ってきて8年半、曽根崎時代の11年半と合計してこの8/1で20周年を迎えます。Todo O Mundoと言えば「脱国境音楽家・浪速のカエターノ」=マルタニカズのお店。その「成人式」の記念してご近所Vi-Codeでの自画自賛ライヴ。盟友King堀内/Caorinho藤原はじめ、東京・関西で活躍する10組のアーティストが集まってくれました。「たかが20年されど20年」人が生まれて大人になるそんな時間の軽みと重みをTodo O Mundoのフードとともに。そんな夜。」



Todo O Mundoの[成人式]

O 20o Anniversario ao Vivo

desde 01/08/1997 até 01/08/2017, então


7/30(Sun.)

@Vi-Code 中津

open 16:00/start 17:00

charge 2500yen(3000yen at the door)


members:

King 堀内/

Caorinho 藤原/

高田靖子/

松原里佳/

結美w/西村コージ/

Imori[狩野じゅんじG.Vo.・池田よしあき B. Synbox・服部あかね Vo. Efx.・Alama Dioubate African Guinia Per.Vo.・山田聰 Tp.Quena]

すっぽんぽん'ズw/太田和麻・サントス/

ザ モルモッツ/

浪速のカエターノ/

マルタニカズ e sua banda especial[北村嘉章G.・李ヨンウンB.・坂本卓也Vl.・山藤卓実Tp.・名合光央Dr.・小松辰Vo.G.・江弘毅Per.・岡田夏奈Contra B.]


M.C. ミルクマン斎藤


Catering: por Todo O Mundo


Produzido por marutanikaz















posted by 浪速のCAETANO at 15:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック