2017年11月09日

地球って

六甲の某女子大用のrésuméを作っていたらちょっと楽しくなってきた。

それは地学の授業用のもので、ほれ、地学なんてさ、高校の理科の中では超マイナーであるわけで、そんなことやってもいない子たちだらけだと思うのだが、まあやれと言われれば何でもやるおれはアホかもしれないが、理科は今・勉強するとまあまあ楽しいよ、とオトナの人たちにも言いたいのね。

「あんた、地球の何を知ってる?」ということなんだね。こんなに「世話になってる」地球のことをよ。

大きさ、でき方、歴史、内部構造、ダイナミズム、大気、それに伴う気象、ざーっと挙げるとそんなことだけど。

おれが教えれることは専門性からは遠く、一般的な知識としてのそれらであるが、それでも充分にエキサイティングではあるのね。それが通じればいいんだけど。どうだろうか?

地球の年齢知ってる?地球の「中」どうなってるか知ってる?まあ、それで姑息にというか覚えてセコく点数取ってということから解放された後、そういったことからやや距離をとった後という意味ですが、意外に面白く感じるのではないかと思うけどね。教える人間にもよると思うけど。

昨日は西京極で、かつての教え子のお医者さんと遭遇。暗かったのだがお互いすれ違って20mほど行ってから「堀くん?」「先生!」みたいなことがあった。おれは人認識・識別能力かなり高く、一瞬で「分かる」。今ではハゲのよーすけを「毛・なし」でも40年ぶりに「見て」すぐ分かったほど。仕事間違えたかな?

阪急で仕事に行くとどうも十三で途中下車したくなる。今日もかなあ、と思ってたら、いかんいかん帰って小論文教えなきゃいけなかった。危ない危ない。危なかった。









posted by 浪速のCAETANO at 13:25| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。