2017年11月16日

Frutos del Sentimiento 2017

Frutos del Sentimiento 2017
<2017 センティミエントの実り>

今年はあなたにとってどんな年だったのでしょう?(まだ終わってないけどね)

Memorialなライヴが多かったなあ、そんな印象の一年だったな。Todo O Mundoの20周年、北山和可メモリアル、Fandangoの30周年、懐かしいメンツとの再会、そんなreunionな一年だった。

自然現象なら猛暑に台風それに豪雨(もう忘れてるね!)。頻発する「50年に一度の、」という形容。慣れるって怖いことながら慣れざるを得ず、喜劇のような政治と総選挙、しかし自由がどんどんシュリンクさせられていく予感と実感、暴走するマネーとそれに群がる人々。世の中ウンコまみれだぜ。

そんな中でも、果実は実るし、センティミエントも結実する。自然の営みはそれらより上位にあるし、コラソン(心)の営みもまた、現実の動きには影響を受けつつもそれらとは異なるコンセプトでシーズナリィに循環する深層がある。超上位のものと超深いものは連携してる。例えば直喩的にも暗喩的にもそれらは「法律の届かない場」であるから。

2017年も終盤ですが、じゃあ今年のセンティミエントはどうだったの?

すっぽんぽん'ズ(meg e aomi)・マルタニカズ y Sentimiento '17(岸健一郎・北村嘉章・李ヨンウン・坂本卓也)・ヒステリックス(de 京都)が、それぞれのFrutoを。ヒステリックスは京都でずーっとNew Waveやり続けてる。大沢くん(mondo grosso)も在籍してた。北山和可さんにproduceされてた。こないだのblue miceで再会・共演しました。

そして北林純の三回忌追悼も兼ねてます。今年は9月にこんなライヴができなかった。


12月9日(土)
venue: Vi- Code 中津
19:00open/19:30start
adv.2500/@dr3000

<players>

Hysterics(ヒステリックス from Kyoto)

すっぽんぽん'ズ(meg e aomi)

marutanikaz y Sentimiento '17
(岸健一郎dr. 北村嘉章g. 李ヨンウンb. 坂本卓也vl.)

dj: ken kishi

catering : Todo O Mundo
E3BA49A4-C0E8-4F1D-BAD0-F75AA14142F1.jpg
produced by marutanikaz(the Label Rafflesia)

楽屋およびリラックスのためのvenueはTodo O Mundo開放ね。









posted by 浪速のCAETANO at 05:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。