2018年02月09日

寒いのもそろそろ

この厳しかった寒さももうええ加減終わるのではないか。今日もまあまあ暖かそうである(外出てないけど)。

この時期のベンチマークは、外メシしたくなるか否か、だ。

大阪8度、東京9度、長崎13度とある。

昨日は北陸の雪でサンダーバードは運休。ざーんねん。「先生、サンダーバード、走ってなかったでしょ」と生徒に言われる。「そやねん」

行きも帰りも普通(途中から快速)で。帰りはいつもの缶酎ハイ・ハイボール持ち込み。いこい経由のTodo O Mundo。さらに痛飲。アタマ痛い。失敗。今水2L目だ。


昨日のムヒカ元ウルグアイ大統領のinterview、感動的だ。存在自体が感動的。こちらの国のpoliticianとかの方が一般的なのだろう。「発展途上国」としては。いまや、格差、などではなく、「class(階級)」が固定してしまった社会。途上国らしい。貧困から中流、そしてまた貧困と階級固定。行って来いだけではなく、帰ってきたら二極化していた。悪い夢が現実になっているのに、おれたちはまだ夢の中にいるみたいだ。覚めるのが(醒めるのが)怖いのだろう。確かに気を紛らせることは豊富にある。でも、いつか酷いことになる、はそろそろ織り込まれてきてる。若いヤツらの目の暗さにそれを感じてる。だから出来るだけ寄り添っていてあげようと思っている。期間限定の付き合いが多いから余計にそう思う。

力になれるのかなれないのかはわからない。だが、できるだけ。

ムヒカさんのクルマはボロのVW。

クリント・イーストウッドはボロのFORDをおのれで運転して撮影しておのれで運転して帰る。そんな人があまりいないのがこちらの国。目立たないんだよね、いるのかもしらんけど。いて欲しいけどね。







posted by 浪速のCAETANO at 15:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。