2018年02月10日

綺麗事で、いい。

オリンピックは「綺麗事の祭典」で良くって、だから「建前」の嵐で良くって、だからそこをホンネという逆風の中、南北の「瞬間芸としても」融和を体現してしまったムンジェインは大したものだと思う。

綺麗事の中では「ウソでもホントに」なってくるかもしれないからね。

大統領が北の2人のNo.2と握手している時に1人だけそっぽ向いていたPMだが、カネ配らないとなるとそんなものだ。孤独。かわいそうな気もしたが、あんまりかわいそうじゃないのね、ホントは。列島のサポーターには支持されるだろう。

今回はAORという一団がいていいね。国を背負ってないひとびと。ドーピングのおかげと言えば「奇妙な話」になるけど。

そろそろ競技にも慣れてきて、スキー・スケートだけでなく、カーリングやスノボ系の競技、面白い。スノボ系の競技では「オシャレ」「カッコイイ」「スタイリッシュ」そんな褒め言葉が解説のヤツから連発される。「綺麗事五輪」にはいいんじゃないか。パラダイムがちょっと変わるね。「トリプルコークフォーティンフォーティ」なんてすごい技もある。コースの自由度が高いのもいいね。こちらの国の子たちもなかなかにスゴい。アクロバティックなもの面白い。元体操部としては。


さて、佐川くん、見捨てられそうである。やっぱきびしいね。確定申告も始まる。

PMは「嫌われてる」ことを自覚している。ただし、「私を支持してない人」がそうであることもわかっている。これからおのれに反対する人間へのあからさまな「イジメ」が本格的に始まると思う。働き方法案がまずその第一弾。

1075万円(年収)以上だけって言ってたのをバイト・非正規まで拡大できるという閣議決定。酷いね。残業代なし。

日銀総裁も続投が決まり、この「地獄をどこまでも」。出口はいらん、ということみたい。どうしたらいいのか、あの人たちもわかんないんだよね。取り敢えず今日を、というのはやってる側・やられてる側にかかわらず、共通のようだ。

そういうとこから見えてくるものは、PMは本気で「戦争で状況を打破」を考えてるんではないか、ということ。南北融和の現場にそっぽ向くのは潜在的にそれ、が頭にあるからではないか、そんな「怖い」想像も。

蓋然性だと思うよ。ズタズタにされてる、今まさに現在進行形のような。










posted by 浪速のCAETANO at 14:08| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。