2018年02月16日

historia

ちょっとまとめなあかんな。60 o Anniversarioを前に、ということで思い出していた、過去のことを。

いろいろあって記憶を辿るのもけっこう大変なのだが、おそらくまだ思い出されてないものもあるが、取り敢えず出た。

この「出た」という感覚、今となっては何十年も前の話、もあったりして、その「責任」を取れ、と言われたとしても「時効でしょ、もはや」で返せるけど、それは喩えて言うなら地層から「かつての野グソ」が見つかってDNA調べたらおれのだった、うわ〜、みたいなこととはちょっと異なり、そこで「した記憶」はあるんだけどどれくらいの「硬さ(あるいは柔らかさ)」とかまではとっても記憶にはないんですけど、とかの方がまだ近い。そんな感じ。

ギターも歌も、決して他人ではないが、おれでもなくもないが今やったらそれやるかなあ?そんな感じ。

録音/シリーズでやってたライヴです。


Series Live : Fake Performance Unlimited/光合成の季節/脱国境の夜/Rafflesian Complex/Host Live at Sun Hall/Watch the Music/Sentimientoの実り

Records : 
No Significant Difference(AD-IF)/ルベエレ品新
Lunatic Evening(Jobless)/ルベエレ品新
最前線物語(AD-IF)/ルベエレ品新
Super Box(AD-IF)/Box Record Omnibus
De La Siesta(AD-IF)/Forus Record
Turn to the pop 2(AD-IF)/Switch Corporation Omnibus
東京ラテン宣言(Sonna Banana)/Apolon
Let's Spin(Parabora Spins)/Rafflesia
Convenience Store Cowboys(CVS Cowboys)/Rafflesia

Book&CD :
つかの間のiyashi(マルタニカズ)/文芸社

Produce :
Part Time Punks(すっぽんぽん'ズ)/Rafflesia


いやもっとあるで、なんか忘れてるで。まあ今夜にでも酒飲みながら思い出そう。








posted by 浪速のCAETANO at 12:18| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。