2018年02月23日

chinese,russia&the world

容顔如玉 容貌は宝玉のごとく
身姿如松 姿は松のごとく
翩若惊鴻 飛ぶ姿は白鳥のよう
宛若遊竜 まるで竜が遊んでいるようだ


上記の「4言絶句」は中国のアナウンサーの即興の(ていうても少しは考えてたろうが)。羽生くんのことだそうだ。

Amos Garretteのギターなら「像醉酒的神」。まあ雰囲気はある。

中国語の、というか中国の存在感、日に日に増している。阪急の駅のアナウンスでもjapanese,english,chinese,koreanが普通である。「次の宗主国?」さて、どうだろうか?Naturalと言えばこんなにNaturalなこともない?

我が物顔のchinese touristsに日頃ムカついてるみなさんにおかれましてはどうなの?

おれもイラっとはするよ。だけど、人による。対日本人であってもそこは同じじゃないかい?知りもしないのに、好きとか嫌いとかないんちゃうかな。

時間もかけて知り合った中国人たちはまたちょっと違うかな。おれを経由してるからだけかも知らんけどね。まあいいじゃないか、それでも。


さて、漢詩、漢文は受験生からも距離があって(センター受けないヤツらには全く要らん)、真面目に勉強する気にならんのが実情だけど。

好きな詩;

<春望>       杜甫

国破山河在

城春草木深

感時花灌涙

恨別鳥驚心

烽火連三月

家書抵万金

白頭掻更短

渾欲不勝簪


「都長安は破壊されたが、山河の姿は変わらず。

壊れた町にも春は来て、草木は青々と茂る

時世を思えば、花を見ても涙が溢れ

家族との別れを嘆き、鳥の声にもハッとさせられる

戦乱の続くこと数ヶ月に及び

手紙が届けば、それは万金の値打がある。

白髪頭を掻き毟れば、髪はいよいよ薄く

これではとても冠を着けて簪を差すこともできない」


最初の二行だけが有名すぎるけどね。悲痛な叫びがその後に続く。


芭蕉も「古人」のように「旅に死にたい」と言うてたよ。古人とは杜甫・李白や先輩西行らのことだけど。


今の中国語は簡略化されすぎてて若いヤツの書く中国語は却って分かりにくかったりするからちょっと厄介なんだけどね。今外国人(特にchinese)なしでは大阪の小売業成り立たないだろうし。いや、善かれ悪しかれその存在感が増してくるのがわかる。


オリンピックももう最終盤だね。冬五輪はアレだね、「位置エネルギー」ね。エレルギー保存の法則で成り立つ競技ばっかりで。夏五輪がほぼ「一人力(いちじんりき)」による競技であるのに対して、だから速さ・高さ・距離がとんでもないことになる。

これからコストナーちゃんのおそらく最後の演技とザギトワ、メドベージェワのとんでもない完成度のフリーを見よう。ザギトワなんて、彼女を嫌いとか言えないでしょ。完璧すぎて。「黒鳥」素晴らしかったもんね。バレエの国ロシアの逆襲。「世界」がそこに存在してて、そこに参加できてる宮原さんや坂本さんは幸せだと思うね。頑張ってね。


「北海道弁を、子供たちが真似するから放映やめて」とか言う偏狭というかサルというかそんな親がいる国からは遠く離れた「現場」がそこにはあるからね。






posted by 浪速のCAETANO at 09:36| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。