2018年02月25日

五輪はシールド

訃報が続く。これからも続くだろう。わかっちゃいるとは言え、、、。

「個性」がどんどん消えていく。そしてのっぺりした顔だけが、残る。

アスリートたちも大変だなあと思う。スポンサー探し。男子カーリングの子たちが「女子ならそんなことはなかろうが、自分らはスポンサーの継続が、、、、、」と寂しそうだった。オリンピアンといえども、経済合理性からは逃げられない。かなり歪んだ合理性である。富は偏在して、「あるとこにはある」のに、見返りの「多い方」にしか回ってこない。悩ましい。

平昌オリンピック、大変面白かった。DPRKの参加も良かった。おれは綺麗事も必要であると思うから。

が、いつも奇妙に思うことがある。よその国の五輪にもかかわらず、自前のテーマソングを作って放映時に延々流し続ける。耳にタコである。歌詞がいただけない。より「ジットリ」していた、今回。やめてくれよ。電通。いや、ホントに。

こちらの国のアスリートたちの優秀さが際立つけれども、光があれば闇があるのが世の習い。労働者大量合法殺戮🆗、そんな法律ができようとしている。メダル「…個」の他は悲惨なことだらけ。みんなが薄々感じているcatastropheの到来を忘れるには最適な「装置」であったね。五輪のことだけど。それが2年後にはHOMEで開催されるとなるとだねえ、なんだか怖しいのね、おれは。



posted by 浪速のCAETANO at 22:14| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。