2018年03月06日

曽根崎キッドの日々 34

    エレヴェーターが開く。曾根崎キッドは相変わらずぴょんぴょん跳びながら乗り込んだ。ウエイトレスは近づきつつあったが途中で足がもつれ倒れた。曾根崎キッドはエレヴェーターの中でもぴょんぴょん飛び跳ねていたからエレヴェーターは揺れていた。テーブルの四人は驚くというよりも喜んでいた。今ものすごく見てみたいなあと思ってるものが現実に目の前で見れたのであるから、大満足で、両手の親指を立て、曾根崎キッドを送っていた。曾根崎キッドを乗せたエレヴェーターのドアが閉まり、下降しはじめた。曾根崎キッドは高速エレヴェーターが地上に着くまでぴょんぴょん跳び続け、ドアが開くと同時に飛び出した。一階で待っていたおばあさんが腰を抜かしてへたりこんでいた。

 曾根崎キッドは堤防のある川のほとりまで走った。向こう岸から投げられたとしか思えない、洗濯物を干す棒があった。曾根崎キッドはそれを拾い上げ30mほど下がり、助走を着けて「棒幅跳び」をやってみた。川の中央に先端は刺さり曾根崎キッドの身体は持ち上げられた。しかし、それでも勢いがまだ足りなかったのか、棒は直立した状態で止まってしまった。曾根崎キッドは普通の状態ではなかったから、精神的なパニックに陥ることなく足をバタバタしていた。しかし状況はそこから変化はないわけだった。

 さゆりは曾根崎キッドが泊まることになる部屋にいてお茶の葉を替えていた。空気も入れ替えようと思い窓をあけたところ、いつもはなにもないところで何かが空中に浮いているのに気づいた。それは棒の先端につかまり、振り子のように揺れ、どちらに倒れるでもなく、よーくみると知っている顔だった。「キッド・・・・・」
 そのとき、さゆりの中で好奇心は愛情へと変容した。
 「わたしの大事なひと・・・・」
 さゆりは家を飛び出し、目の前の川の堤防へと駆け上がり、「キッド・キッド」と何度も叫んだが、当の本人は視点の定まらない目で中空を見つめ、ただただ足をバタつかせているだけだった。さゆりは家の裏に回り、洗濯物の棒を持って曾根崎キッドへ届けようとしたが、女の細腕には重く的が定まらない。そこで堤防の角を支点にしてこちら側に馬乗りになって向こう側の長い方を持ち上げようとした。体重をかけたとき、さゆりは身体がびくっと震えたが、そんなことは言ってられないのだった。棒は曾根崎キッドの胸の辺りまでは達した。でも曾根崎キッドの視界には入らなかった。30cmほど長さが足りないのだ。さゆりも身体の芯に「ずしん」とくる刺激が苦しキモチよく長くはその姿勢に耐えられない。さゆりは堤防のこちら側に尻餅をつき、「あと30cm・・」と呟いた。
 そのとき、さゆりの目に光が戻り、立ち上がり、玄関からいえの中へと駆け込んでいった。曾根崎キッドは相変わらず視点が中空のどこか定まらず、足は空中散歩で行ったり来たりしているのだった。(つづく)
E6245F7C-C045-4C83-9104-F060F6FF53F9.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 00:51| 大阪 ☔| Comment(0) | 曽根崎キッドの日々(作り物・続き物お話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。