2018年03月14日

「No Future」

オウム真理教の死刑囚7人が「移送」されたらしい。

なんのためか?

おぞましすぎて言えないが、おそらくもうすぐ分かるだろう。

このタイミングかよ。スピンにしては恐ろしすぎる。彼らの罪は罪としても、政争の具として、もっと言うとおのれらの「別の罪」から目をそらすために「罪びと」の生命を使うなど、それがおぞましすぎる、と言っているのだ。

そして今、財務省、理財局、佐川に罪を被せようとLDPは必死である。完全にメインストリームから目をそらさせよう、が見え見えなのだが、報道の協力があればある程度「成功」するのだろう。

犯人集団が正義の味方のフリして、役人を裁こうとしている。これが現状ではないかな。小沢くんが言うように、役人は「忖度」では動かない。「指令・命令」でしか動かない。それが真実だろうね。

これから佐川くんの証人喚問ということになり、そして「捜査に関連することですので・・・・」「刑事訴追を受けるおそれがありますので、、、、、」でお茶を濁し、攻め手に欠くことなり、、いやな予想だがね。

そして佐川逮捕、収監で真相は闇の中、そこが狙い。

だが、海外の報道は「PMは逮捕かも、、、、」と、例えばNYTは言っている。よっぽど「どうしようもないアジアの国」に見えている。

「お前らもうG7来んなよ」と言われる日も近い。現実にreplaced by china、maybe。

佐川が証言拒否の際に、しかし誰を庇っているのかは「可視化」されるだろう。

しかし、ひどい政権であるが、この脇の甘さは「ある意味」救いだ。ツッコめるからね。本当に怖いのは「1984」のような、さらにずーっと冷たく、ずーっと、アタマが切れて、脇の甘さが微塵もない、そんな「独裁」が出現することだろうね。

PMらにたいする「学習」がそれを実現させること、これは余りに恐ろしい予測であるが、確かに「人材不足」ではあるが、PMのひどさが共通認識となった時、「、、、、、待望論」が出てくるだろうし、「No Future」をいきてる、今もこれからも。そんないやな確信みたいなものの中に囚われる。

「No Future」








posted by 浪速のCAETANO at 13:34| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。