2018年03月16日

18きっぷ day 1

ちょっといろいろやるせなく、寝てもいなかったのだがそうだ、どっか行こうということになり、懸案事項だった「18きっぷ」はどうだ、という結論になる。

6時台に出発し、macで朝メシ、久し振り。しかもいつもは素通りの新梅田食堂街のそこ、だし、人間は状況の動物である、まさに、なのだが。87725408-5B9D-43D4-8B65-9E0F0389E144.jpg



ちょっとこれに笑いすぎて、ペースが乱れた。《 ↑ 》

誰にダメージがあり、誰がその利益を受ける、一切そこわからんが、ま、diversityだよ。


早朝の、阪急、JRともに「間違いなく仕事」の人々だらけである。痛み入る。おれは今月は「遊びorなにもせん」そんなダメ人間だが、また来月から頑張りますから今は許してね、と決してそういうことが心にはないような顔しつつ、皮を剥いだらそんなプラカードをハートに貼り付けてる、でもそれも決して表面化しないけど。

京都まで快速、タバコ吸いに出て、そこから敦賀まで新快速、そこから福井行きの各停、衝動的に鯖江で降り、バスを待つ間モーニングショーをipadで見つつ。

バスにのり、また衝動的になんちゃら公園で降り、上へと登る。鯖江の街は「うーん」そんな感じ。メガネ産業があって良かったな、と強く思う。一旦下車すると次のバスまで1:30以上ある。失敗。高校生たちに訊くとタクシーもほとんどおらん、と。しょうがないから駅までの道を教えてもらう。「30分ぐらい?」「いや、10分」街のサイズってね。

であるくんだけど、マイナー電車を発見。「福鉄」であるが、それがちょうど来た。で、福井まで行く。チン電と私鉄の間のどこかの電車。のどかな軌道をのどかに走って福井に着く。福井は鯖江よりはずっと街であるが、何かしら「寂しい方の地方都市」のニュアンスを感じる。わかものを引き留めるにはちょっと、ということね。

ソースカツ丼を食ってやろう、と思う。で吟味した後店に入るのだが、「まーうまいね、へー」そういった感想。また食うか?と聞かれればおそらく「くう」と答える。ソースが美味いのね。

ついでに越前そばも。ビールをもう一本飲むかどうかで迷ったが、寝てしまいそうだったからやめた。

まあそこからは敦賀まで戻って、そこからは湖西線で琵琶湖を見ながらうたた寝しながら帰ってきたのだが、近江今津かどこかで手に衝撃を覚え、目がさめると、手が動かない。「なんだなんだ?」と横を見るとおばちゃんが座っていて、しかもおれの手の上に座っていて、さらに平然と座っていて、えーと、手が不自由なんですけど、というか、徐々におれも一般化していくのだけれど、これひょっとして社会的に「おれが」まずい立場に陥っていく流れではないか、とふと思う。しかしおばちゃん、平然、泰然というか。

意を決して、「すいません」と言いつつ手を引っこ抜こうとすると「あ、は?、ああああ」とケツ上げてくれた。「きゃー」でなくてよかった。ケツに感覚なくなる年齢ってあんのかね?わからない。

「18きっぷ day 1」

やっぱりその日のうちに帰るとなると、「限界」があるね。寝てなかったからかも知らんが。次は南へ向かおうかと思っている。











posted by 浪速のCAETANO at 15:04| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。