2018年03月19日

clairvoyantではないのよ、がしかし

この肝心な集中審議に、青山とか和田とか、こんなんしかいない(やりたがらない)というのがもう潮目が変わったと見ていいのでは。

太田ちゃん、災難ではあるが、がんばってるね。しかし、失礼なこと言うね、和田だけど。何度も答弁しているとその人間性も晒される。

じゃあ佐川は「何を」守ろうとしてたんだろう?ということになり、「ぶっちゃけろ〜!」コールをするわけである。


心配事があと二つ。迷惑防止条例と鬼界カルデラ。

前者; メールもしちゃダメって「なんじゃそれ」。ウロウロしたら捕まる、もよくわからない。私有地でもないところをブラブラがなんで?デモの否定、というのはわかるんだけど、何故ユリコがそれを?それは根っこで繋がってるから、ということしかないからねえ。補完勢力決定だな。前からわかってたけど。そんなことでしか存在感発揮出来ないとは、何と「芸のないことよ」、おばはん。

後者; 遡ること to 縄文時代。鬼界カルデラの大噴火で北九州の一部を除く九州全土、四国まで縄文人は「全滅」したわけ。阿蘇山の何百倍の規模のカルデラだからね。新燃岳も桜島もその「ライン上」にある。そのラインは途中から中央構造線ともクロスする。ちょっとおれは今九州を心配している。西郷どんで注目されてるでしょ。林真理子原作というのが、「なんでやねん!」なのだが、ドラマとしてはキャスティングの妙もあって面白い。「ドラマ」と思ってみればいいのでは。

奄美から鹿児島通ってその先まで。噴火口が連続しているわけだ。フィリピン海プレートがユーラシアプレートへと沈み込むラインである。しょうがないと言えばしょうがないのであるが。あの長いライン上で延々マグマが供給され続けているわけだ。沈み込むマントルがその摩擦により溶けマグマとなるわけでそれがそのライン上すべて起こっているわけだから、考えれば考えると無力感に苛まれることとなるし、諦めるしかないわけだけど。その南下した境目では大地震が起きている。e.g.モルジブ。

南海トラフが動いて、同時に鬼界カルデラが大噴火、嫌な予想だがそんなこともあり得るわけで。そこで何よりも危険なのは、そうNuclear Plant。中から腐れきっていく状態で、外で大惨事が起こる。おれはclairvoyantではないが、そんなことになる「予感」がする。

そしてそれはおれの「寿命内」ではないかというこれもまた「予感」に過ぎないが。予感で悪けりゃ蓋然性、お、確率上がった。


posted by 浪速のCAETANO at 14:21| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。