2018年04月01日

一仕事(博多・長崎・一周忌)

博多〜長崎とすっぽんぽん'ズとライヴで周って昨日megが「カモメ&新幹線」で今日aomiが「海上タクシー&飛行機」で帰阪し、昨日は父親の「一周忌の御斎」も終え、お袋は安心&ぐったりで、おれもやっと春休み、かなあ?ひょっとして、そんな感じ。

濃いい日々が続いてた。よくよく考えてみるなら「ツアー」などというのはソンナバナナ時代の「青山Cay〜新宿ロフト」以来か、と気付く。

25年ぶりか、と驚く。だが、「大層度」で言うなら10 : 1ぐらい。

10 : 1ではあるが、今回はマネジャーもいない(その役回りは、おれ)、ローディもいない(その役回りもおれ)。ミニマルである、非常に。

ミニマルながらも、マネジャーplusローディの仕事の「絶対量」ってあんまり変わらない。そしていつの時代も「楽器の輸送」ってなかなか大問題なのだ。

使う楽器はおれのGibsonのアコギ、aomiのFenderのエレキ、megのダンエレクトロのベース、以上。以上ではあるが、そのミニマルの楽器の輸送とカラダの輸送、それと各輸送機関の現状の齟齬がある。飛行機も新幹線もバスもなかなかに「ヒト」を運ぶにはいいんだけど、楽器というなかなかデリケートなブツを運ぶには「向いてない」ね。やっぱり過去における「ハイエース」は偉大だった。

しかしその場合はドライヴァーに不当な労働を強いる、という別の問題もあってね。

今回は長崎の現場の「家具の二上」の社長(かつてのおれのbassist)のFenderとGodinを借りることにした。

にしてもさあ、長崎〜博多の「トランポ」という任務はあるわけで、そこはローディの仕事ということになるわけよ。

おれの仕事が3/28まであり、、ああそこまでタイトだったから、その日の昼に帰ってそこから準備をして、とするなら飛行機も新幹線もちょっとな、ということになり、時間の余裕があるのは「近鉄バス・オランダ号」だという結論となる。これなら21:35発であるからね。

そこから始まるハードで濃いい日々のことはまたあらためて。

今日はaomiを送る前にチカオちゃんがグレイトなロケーションに花見に連れていってくれた。
AA0419DA-037E-4DBD-AA43-D1164157D46A.jpg8F45ABF9-6BE0-4615-B2E1-1AFC04DA9FA7.jpgA9F012D0-849C-4CAE-BF89-7B161B33BA13.jpg18889B1D-AE09-47C8-B3AC-3307C399D76A.jpgF8E320C6-7D98-4C5D-A093-04F0F79A1CEF.jpg

琴海。「ラ・メール」と桜と吊り橋。心の何かが「ほどけた」






posted by 浪速のCAETANO at 21:57| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。