2018年04月03日

五島列島にて

衝動的に、五島にいる。ハプニング好き。ジェットフォイルで1:25。

前に来たのは、ええ?いつだろう?

その時は大村空港からプロペラ機で福江に降り、そこからまた船で奈留島まで行った。切ない気持ちで心がパンパンになりながら、のことだった。大事な人間がそこにはいたのだ。

まことに別件であったのだが、福江の空港のうどん屋で「Last Decade」」の歌詞を書いていた。歌詞の世界は実に虚と実が混じり合っているのだけど、虚へと繋がる実の部分そこにはその後パリに修行に行くことになるパタンナーの紀子がいたな。当時のタイトルは「終わりの始まりの終わりのワルツ」と言ってたな。情緒的すぎてオノレで歌うのはやや恥ずかしい。だがみなさんが歌ってくれるから救われる(曲が)。もっとそういう曲を「発見して」いただきたい。なんぼでもある。

価値観や美意識の相違が何かを救う事はよくあることなのだろう。あまりにこれまですべてをコントロールしようとしすぎてたのかもしれない。sこ、まあおれらしいといえばその通りだけど。能力の衰えが奏功することもあるかもね。最近「可愛げ」出てきたかも。だはは。

male-femaleに未だ分化していないようなワカモノ男子または中性的なワカモノ女子に歌わせたい。大ヒット間違いなし。カラオケでもバッチリ。おれが歌いたくないのはそゆこと。コムポーザーとシンガーは次元が違うのね。

何の話やねん?

4054C9AD-716D-46E2-9255-5E28D05AE38F.jpg47DF3EE7-9D5C-4240-902B-CE68387C0010.jpgE518BCAE-A7E0-4E77-9259-6120D7FD7CDD.jpgDA1B421E-C958-4160-B4C5-297F885E6DE2.jpg


なかなかにアシのはやい、ピカピカのキビナの刺身、ストロングスタイルの五島サザエ、刺身用の鯵を唐揚げにしてもらい背骨を残して完食し、最後はアラカブの味噌汁。最後に飲んどったのは五島の芋。幸せだった。アラカブ、史上最高の味噌汁の具である。伊勢エビにも勝る。再確認。
イグナーもマイアミオープンで初優勝し、大谷くんも勝ち投手になったんだよね。海は凪いでたな。人も自然も表出するトーンは時によって異なる。








posted by 浪速のCAETANO at 04:53| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。