2018年04月06日

ちゃんとした説明、要るのよ

もう「なんちゅう国や!?」と思われている。間違いない。

PMの功罪、罪しかないような気もするが、最大の罪は「お前のメンタルが浸透・蔓延しちゃったことだよ、このカス!」とか言ってみたい。

非常に「流動性」が奪われたよね。階級の固定。次の世代への「再分配」を否定する、そんな世論調査が発表され、もうこちらの国の人々は「おのれだけ」のことしか「考えられない」そんな人がマジョリティであるということが「露呈」されてしまった。Compassionがないという、これはその「能力に欠ける」という意味である。

公文書の改竄は「発展途上国、それも発展しきった後の」という絶望。

シヴィリアン・コントロールの効かない軍隊を持つ、危険。それで海外派兵を目論んでるというから「畏れ入る」。

共謀罪で内心の自由は奪われつつある中での話。

イスラム国のような女性蔑視。

もうむちゃくちゃというかズルズルのガタガタであるよね。ボロボロとも言う。

「1984」を地で行く社会。「彼」の仕事は「歴史書の改竄」だったことは覚えておいたほうがいいな。


「女人禁制」今でも、吉野・大峰山などはそう。富士山もかつてはそうだった。「誰もが『納得できる』理由を根拠を誰かが言わないと」その根拠のひとつひとつに「伝統だから」ということを言わずに説明できないといかんよね。かつては大相撲も観戦自体、千秋楽を除いて許されていなかったところ、財政上の都合で女性も見ていいよ、ということになった。な〜んやそれ!である。

場が「荒れる」ということもある。おっさんの世界に「おねえちゃん」が入ってきたりすることに、だけど。だが、そのうちfrictionのあと、棲みわけのようなものが出来てくる。こういうのが「現実的な」対処なのだろうという気がするけど、どうなんだろうね?

男であること、女であること、がちょっとそもそもどういうこと?みたいなちょっと再度考えなきゃいかんという気もしてきた昨今だけど。LBGTのこともある。

区別>差別という本来的な問題がある。「保守」することの良さももちろんあって、おそらく保守のカウンターの根拠が「新自由主義」というかさきほどの財政上の理由とかいう「しょーもない」ことが多かったりする。

憲法学者は「相撲協会」の態度をどう考えているのだろう?大峰山のことをどう考えているのだろう?話を聴いてみたい。

しかし、ちゃんと説明できないと「何ちゅー国やねん!?」度はウナギのぼりであることは間違いなかろう、そう思う。






posted by 浪速のCAETANO at 13:17| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。