2018年04月13日

発掘現場にて

ちょっと休憩。

掃除をしている。もっとも嫌い・不得意な作業。

平面上にスペースを作るにはモノを立体的に積み上げなくれはいけないがその重心は低ければ低いほどいい、そんなことはわかっちゃいるが、目先のすぐ先の対応に引っ張られがちなおれが積むと上底より下底のほうが短い「台形」みたいになること多しであって、非常に危険。「作業中に倒壊」が2度ほどあり、一時避難している。自衛隊員の気持ちの「一端」がわかった「つもり」。シバかれるか?

いろんな「発掘」がある。大きなとこでは「korg DDD-1」。小さなとこではライター約20個。大小では表現できないところではカセットテープのしかも「ソンナバナナ」時代のものやまあいろいろ、おのれのパフォーマンスのevidence。

越してきた時は「録音部屋」として使っていたがしだいに物置部屋化していったのだ。この9年間の仕事と音楽の様子の変遷の結果なので、それはそれで受け入れざるを得ないのだが、今回の処置は「応急」であるが、ちょっとこれを機に初期化する、も考えてもいいのかもしれない。

もう「ショックドクトリン」しかないんかよ、と思えばやや情けないのだが。


さて、佐川、逃げ切ったみたいだが「revolution」しかないようなところへ国民を「追い込んで」何が嬉しいのか?もうusaのその筋からは見放されてるのにね。延命のために何百億、今度は差し出すのだろうか?

なんか一晩で一気に萎んだ。「三権分立」はこちらの国は、そうやろうと思ったんだけど、「実現不可能な目標」に終わりました、そんなとこ。

あのさ、もう一回佐川の喚問やったらどうなの?

もうどんどん「内向」するしかなくなるんだが、本日のおれの内向的行動は「掃除」だった。もうちょっと頭使ってみる。


「曽根崎キッド」終わりました。






posted by 浪速のCAETANO at 13:25| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。