2018年04月27日

北と南の

朝起きたら、キムくんが国境を越えていた。文くんと共に北向きにも越えた。なかなか良かったね。

二者が手を繋いで⇨北へ、⇨南へ国境を越える。キムちゃんやるな。

互いの国への行き来、が改善される。そういうconnotation。

終戦宣言、出ると思う。やっと朝鮮戦争、civil warそして冷戦の局地戦というダブルミーニングの戦争が終わり、極東の危険度はぐっと下がる。こんないいことはない。

こんないいことはないのだが、これは「良くない」そう思っている輩、いる。なんなのだ!?

「新しい歴史を、これから。平和の時代、歴史の出発点で」キムくんの署名と共に添えられたメッセージであるという。

ソウル市民の映像が流れていたが、感極まる方もいて、ねえ。国の分断という大悲劇を味わったことのないこちらの国の鈍感な人々にはピンとこないかもしれないけれど。こちらの国の分断がもしあったとするなら、5つほどに分かれていたわけで、米ソ中英などだったと記憶する。幸運にもそうはならなかったが。

ちょっとした戦勝国の匙加減で敗戦国の運命は決まってしまう。であるから戦争はやってはいけないし、負ける戦争はもっとやっちゃいけない。負けるのわかって、あるいは無知にもほどがありそれを自覚せずに突き進んでいった戦争が日中戦争・太平洋戦争だけども、国家神道のエセ一神教の為せる技とも言えようか。もうちょい複雑だが。しかしそう考えるなら明治からの宿命とも思える。

日本書紀の罪は重い。飛んだ、と思われる方多いと思うが、そうだろうか?


文大統領はノーベル平和賞だな。オバマや佐藤栄作でさえもらってるわけでさ。

うわべ・言葉だけ、そんなものでは深いところで物事は動かない。ムンジェインはキムジョンウンを寛容で包み込んでいる。キムくんもアドリブで返している。想像以上に「友好的なムード」だと思う。

posted by 浪速のCAETANO at 10:26| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。