2018年06月09日

Who knows?

おれたちは紀州のドンファンについて「知りすぎた」なあ。そこまで知りたいとは思わんのだけどね。
物理的に地上波の枠は限られている。それに接する人々の脳の容量も限られている。もっと大事な、報道すべきnewsは確かにある。スピンと言うならこれほどのスピンはない。一報は然るべきだと思うが、そこから「そんだけ掘るかー?」

犬の墓も掘ってたが。

しかしスキャンダルが大金持ちとは言え一般人方向へ舵を切るのは良くないな、あんまり、そう思う。

権力の方へ向いて、その際には「いい武器」になるはず。あかん権力ね。権力はそこに長居するなら大抵「頭から」腐ってくるが。

権力とおこぼれ。こちらの国の人々も随分卑しくなったと思うが、過去においても卑しい人々はいたんだけど、その「絶対数」が増えたね。

自分が「強い方」にいるという幻想を上手く振りまかれたのではないかな。経営者みたいな物言いの人々おっさん〜ワカモノまで増えたね。気分は経営者(ニアリィイコール為政者)。ちょっと待ったほうがいいと思う。ほとんどは実は「労働者」でしょ。

「いやぼくは、経営者目線を持って仕事している幹部候補です」と言うかもしらんね。成ってから言ったらいいと思うのよ。いろんなことが起こるからね。社会にも起こるし、自身にも起こる。予定通りには行かないのが少々長く生きてるとわかる。

スマホを開ければ、2週間先までの天気が予報されている。そーかそーか、とおれたちは予定を立てる。まるで未来を予見した、いわゆる「カミの視点」を持てた(ような)気になってる。ちょっとした全能感、がおれたちのラッキーでもあり、だかしかし不運でもあるのではないかな。

物事は成功をデフォルトとして進んでいく。ただ、みんながそんな気で、同様のitを駆使しているわけだから、「当たり」の数にもよるが、競争率、成功率共に下がるような気がするよ。まあがんばってちょうだいね。

本日、梅雨の谷間。いいお天気ね。外食多かったから今日は家で料理をと思う。予告メヌーーーーエビチリとサラダで白を飲む。


戻るが、2週間先まで「分かってたはず」の天気、数日後に再度チェックしてみたら「シラっと」晴れ→雨とかに変わってたりする。「who knows ?(god knows)」と言う領域はやっぱりあったほうが良いのでは。謙虚も美徳であるよ。

posted by 浪速のCAETANO at 13:16| 大阪 🌁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。