2018年06月19日

数的優位

ラッキーはあったが勝ちは勝ち。
おめでとう❗️

上手くいくときはこんなものだね。the man of the matchは大迫くん。

最初の香川くんからのワンタッチに合わせた飛び出し、そしてそれをfollowしていった香川くん、あの一瞬の出来事に尽きる。ハリルホジッチの縦方向の速攻という遺産だった。pkだけでなく、数的優位まで!

おかげでコロンビア、来なかった、ボールを奪いに。ボールを楽に持てる。横パス、奪われる、の消極的悪癖にも心配がない。前半はそんな感じだった。あまりいいサッカーでもなかった。守りにはいるの早いんじゃないかい?そんなこと。後半から意識が変わったように見えた。

さらに数的優位は精神的優位でもある。コロンビアはfkを決めたキンテロを外して体の重そうなハメス ロドリゲスを投入せざるを得なかった。走れないハメス、輝かなかった。全員サッカーでは11:9ほどのものだ。

おれは、なんだろう?コロンビア サポーターか?

non。いいサッカーを見たいだけ。いやほんと、マヂで。だからメヒコが大好きだし、ドイツに勝ったりするとガッツポーズだったりする。超攻撃型サッカーは大好きであるが、弱者がアタマ使って強者に立ち向かう、これもまた大好き。

W杯は難しい。勝つことがほんとに大事なことなのだ。Japanはまだそれでいいのだろう。確かに可哀想だったが昨日のコロンビアはいいサッカーではなかった。数的劣位。ハメスは出ない、という情報から柴崎くんをボランチに入れることが出来たし、乾くん、大迫くんのゴールの予感もあった。香川くんが消えてしまってた時の本田くんの投入タイミングも良かった。

ハメスの決定的なシーンに足を出したのも大迫くんだった。

何もかもが「上手く」行った。「Japanの日」だったね。Giant Killng。MiracleではあるがGreat。天が味方した日。

ただJapanとSenegalが勝ち点「3」とったことでグループリーグが面白くなった。横一線。Polskaもこのままじゃ終わらないだろう。ColumbiaとPolskaが次の試合でsurvivalということになるから、勝ち上がりという意味では4チームから3チームに減ることになる。おお、確率上がったよ。最後のpolska戦まで興味が途切れなくなった。

激しい揺れ直後に朗報で良かったと思うのだ。

ただPMがユニフォーム姿で「乗っかってくんなよ」と思うだけ。鬱陶しいわ。


posted by 浪速のCAETANO at 22:59| 大阪 ☁| Comment(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。