2018年06月22日

世界市民の視点から

クロアチア、今回は強いね。
ボバン、シュケル、プロシネツキのあの時代、とはいっても20年ほど前だが、よりも強い。

かつて、東欧のブラジルと言われた旧ユーゴスラヴィアの正統的継承者だね。

それにしても可哀想なのは、アルゼンチンとアルゼンチンサポーターとメッシとマラドーナだった。子どもも泣いていた。ラテンアメリカは喜びも悲しみも✖️10。コロンビアもそうだけど、アルゼンチンはその過去の栄光に関しては重いものを背負いすぎてるから悲しみは✖️20、そんなことになろうか。

全試合見たわけじゃないが、「一番強い」んじゃないだろうか。そのディフェンス、オフェンスのバランス、ハードワークするテクニシャン集団。素晴らしい。

20年前は3位だから、もっとと期待してしまうし、その地位に値するチームであると思う。

さて、W杯、Japanの勝利で軽薄な報道が続いているが、今、H組は面白くなった、というのがfairなところだと思う。一敗同士のpolskaとColumbiaの結果次第では三戦まで縺れて、スリル満点の展開になる。そういうのがいいね。世界市民としての意見ですが如何?

Japan、sanegalがドローでpolska、columbia もドロー、なんてことになれば、どのチームも抜ける可能性を持って第3戦を迎える、なんて、おおお、たまらん!

興味出てきた、H組に。おれは非国民なのだろうか?いや断じて「そうではないですよ」と申し上げておきたい。世界市民だから。そしてcàlcio ファンだから。全力を尽くして能力総動員でやっていただきたい。勝ち負け関係なくチェスト!期待してる。
posted by 浪速のCAETANO at 10:46| 大阪 ☁| Comment(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。