2018年06月23日

シセは言った

シセ・セネガル監督の言葉;
「夢を大きく持たなければならない。だだ小さく始めなければならない」「謙虚さを​我々の荷物の中に入れなければならない」


カッコいいな。勝てるかな?

おれは戦前、セネガルと、が一番いい試合をするのではないかと思ってた。コロンビアに対して、が最も苦戦する、とふんでいた。もちろん、ハメス ロドリゲスが完調で出ずっぱり、という条件(当たり前)だが。

ロドリゲスがほとんどいなかったから勝てた、と思う。チョーシ乗ってる場合ではないのね。人は物事を相変わらず、おのれの見たいように見る、みたいである。

もちろんチョーシ乗ることも大切である。チョーシコク、ではなくチョーシに乗る。自分らの力以上のものを発揮することもある。その時にシセ君の言う「謙虚さ」が不可欠、というわけだった。浮つきの解消に貢献するだろう。

最近のこちらの国の人々に最もかけているものが「謙虚さ」だと思う。ガッツポーズの安売り。ビッグマウス。感情に左右されないポーズ。要はバカのくせに「偉そう」なのね。逆効果ちゃうか?それ。


こないだの6弱のとき、初期微動数秒続いた後、主要動が来た時、地球からのメッセージだと思った。コミュニケーションだな、そう思った。カミをそこに感じた、と言ってもいい。古代人の感覚に一瞬おれたちは囚われた、そんなふうに思う。

カミは祝福してくれることもあるが、怒る時もある。こないだは「怒り」の表現だったな、今思えば。

何かから解き放されること、それは大切だが、「何」から「どう」解き放され「どこ」へ向かうのか、が分からんままに解き放されたがってるのがこちらの国の大半ではないかな。

Something little for big dream。そう普段の言葉で言う知将率いるsenagalとの対戦。senegalにはチョーシ悪いハメスはいないよ。真価が問われる一戦だね。それは幸せなことだと思う。


posted by 浪速のCAETANO at 11:10| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。