2018年06月24日

長丁場だから

長年、W杯を見てて思うことは「長丁場」だからな、である。
今、グループリーグで、2戦目。まだまだ先は長い。始まったとこね。

そんな中でもそのグループリーグ敗退の危機のチームはいる。それも、余裕で一位通過だろ?なチームが。現在で言うならドイツとアルゼンチンね。アルゼンチンはどうも無理みたい。ドイツもか?と思ったね。

前半0-1。後半追いつくが、ドローでは自力勝ち抜きの可能性がなくなる。二試合終わって勝ち点1ではいかに第3戦が対韓国だったとしても最大4点ということになる。

危機は第2戦にやってくる。グループリーグの第2戦ね。94年のアメリカ大会のイタリアもそうだった。結局はロベルト バッジオが絶不調から絶好調まで正のswing で大爆発でfinalまで行った。最後は皆さんご存知のようにpk 失敗。

長丁場である。だから今の時点でで調子いいチームが最後までモたない。苦しむ、が今後にとっては必要なのね。長年見てて思うこと。

だからドイツは「生き返った」と思うし、ブラジルもあかんとこから始まったのはいい傾向。スペインもそういう意味からいえばいいかもね。ポルトガルは微妙。クリスチアーノ ロナウド次第だから。しかし、レアルのジョガドール、乗ってる。クリスチアーノ ロナウド以外にも、モドリッチにクローズ。さすがに世界一のクラブチームだと思う。

ビッグじゃない国で言うなら、クロアチアが大変いい。ベルギーもかなりいいがディフェンスがもひとつ、かな。セネガルがどれくらいいいか、は本日のvs Japanでわかる。アフリカのチームは、喜びのために苦しみが、、、、が当てはまらない。Sentimientoからはちょっと距離あるのね。メキシコは今回だけはノリノリでいい。

夢のような対戦が決勝トーナメントでは待っている気がする。ポルトガルvsクロアチア、や、ベルギーvsセネガル、メキシコvsブラジルなど。

そう考えると韓国は災難なグループに入ってたな、しかしソンくんのスピードはすごい。japanはまだマシなグループというのがはっきりしたね。勢いはついたが、ポイントは今日だね。Japan が勝ち抜けられるかどうかはまだわからないし、そんなに甘くはないはずである。ポーランドにもコロンビアにもまだ十分チャンスはあるからね。そういう意味ではH組面白くなってる。

今日で勝ち点6?どうかなあ?see what’s gonna happen.

posted by 浪速のCAETANO at 19:29| 大阪 ☁| Comment(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。