2018年06月27日

今日は夏です

コーヒーフィルターを買いにお隣のコンビニへ。今日は風がなんかすごい。ビュービュー吹いてる。熱風、ほとんど。すでに夏ね。梅雨前線今年は元気ない。今んとこ、だけど。

DPRKの分析;

「・・勢力の総合的目標は、日本を戦争国家にすること。侵略戦争に出られる準備をほとんど整えた日本に今残っているのは、現行憲法を書き換え、法的名分を作ることだけ。だから、朝鮮半島情勢緩和ではなく、激化を望んでいる。」


・・のところはPMのfamily nameを当てはめられていた。


おれたちがdomesticに客観性を持ってるつもりでもなんかズレることと、よそのことに関しては普通に客観度が上がることと同値だろう。


dtが朝鮮半島の平和へと舵を切ったことでこちらの国だけが「孤立」する、とこれはs井y子がスプレーヘアで述べている。


LDPの幹事長が「babyを」と。


産めて育てる環境を作りさえすれば「産んで育てよう」と思う人は増えると思うよ。その環境を破壊しておきながら、そこ言うのは「バカにもほどがないのか?」


労働法改悪というその環境整備とはまったく真逆のことを進めておいてからそんな発言とは、おれたちのオヤジ世代の「バカさ」の正統的継承者だなと思う。


一般的には子どもを産んでも産むハナから親が、というか親権持つ者が殺してるじゃん、そんな認識かもしらんよね。不幸になるために生まれてくるような認識、広まってるよね。だから無理だよ。これから出生率を上げる、など絶対無理。終わっていこうとしてる国の現状を見る勇気もなく、最後で帳尻合わせしたい、せんか!なんていうのはここでもおっさんは「おのれの余命」ほどの未来への想像力しか持ち合わせていないことを自ら暴露してる。そういう「うっかり」は「アホか」と言われる。


外からも見放され、中は崩壊が進む。手をこまねいて見ているだけ。何もせんといたら、まだマシなのに、自らその「終わり」引き寄せてどうすんの。


そんな状況でも「cabinet support rate」上がってる。あまりにその目線は虚ろだし、何も知らされず、spinにいちいち反応するだけで消耗され、ある意味満足して「さあ寝よう」そんなことかな。ダメだこれ。


もうね、公文書が改竄されて、それで改竄する意図を持っていた側が責任とらないという20世紀の第三世界の国では「えこひいき」がまかり通るんだからね。


郵便屋さんのお客が言っていた。水飲んでたら会社に通報された、と。配達してれば喉も乾くんちゃう?公務員やそれもどきでも非難が殺到するのは「弱いところ」。スケープゴートはいつだって弱いとこ。そのこちらの国の方々のメンタル、ゲー吐きそうなのだが、グッと飲み込んで続けるなら、お上意識が覆ってしまってるから、非難の対象はそのヴェールの薄いところ、綻んでるところ。微妙に調整する。絶妙と言うべきか。「共犯」でもある。


そんな「塩梅」でも20世紀〜21世紀初頭までは何とかなってきたんだけど、そのユルさで弛緩してる時に「悪意」をもって付け込まれたのね。


Por Quem?


それは、今チョーシに乗ってるやつに。こうまで政権に近い人間が品性下劣になり、その品性下劣を「ぶっちゃけた」時代をおれは「知らない」。


「逃げ切れる」という確信があるのだろう。あるいは「どうせ【終わる】のだからそれまでいい思いをし続けよう」と考えるのが論理的結論だ。それを最近愛媛の学長の突然の会見のその態度で再度確認した。


彼らはこちらの国が近いうちに瓦解することをかなりの確率で、「それは起こる」とふんでいる。


で、戻るがDPRKの分析はリアルだね。


こちらの国の「もひとつ」なことは、歴史的に見て、だけど、戦前の戦犯が、hangingされた者もいたが一部が何事もなかったかのようにsurviveし、それが真摯な精神的清算をすることなく、emperorの存在をUSA へと替え、構造はそのままに維持されたってことね。deutschelandとの決定的な違いはそこだからね。



JapanがW杯で「いいサッカー」をすること、ジョガドーレたちにはほぼ責任はないと思うが、それは望んでるけど、それとは相容れないことで、Jリーグが出来た時からの、too muchな国家が前面に出て結局、それが導く戦前回帰のムード、それはd通によると思うが、彼らは一般企業の広告費低減への対処策として「そうだ!国家で・右翼で・思想で儲けよう」ということに「気づいた」んだね。cleverだったね。「賢いのまえに『ズル』って付くけどね」。国家予算はほぼ無尽蔵だしね。サッカーはそういうヤバさ、本来持ってる。だからおれは「いいサッカー」だけが好き。決勝トーナメント行っても行かなくてもどっちでもいいです。そんなことなくてもW杯はいつでも「Copa do Mundo」であったし、あり続けるからだ。



党首討論予定、本日。またPMの卑怯答弁を見させられることになるのか?


それにしても、空気で金儲けするヤツってヤだね。




posted by 浪速のCAETANO at 13:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。