2018年06月30日

Leave Japan

Y「高度プロフェッショナル、、、、、、」成立しちゃったのだが、あんまりみんな騒がないのね。なんで?
ポーランド戦の時間つぶしをPMが批判してる、という。そんな「なんでキミが、、、」な、もうわけわからんが、ともかくええ加減な根拠で成立した。Japanも決勝トーナメントへ行った。

もう終わりだよ。

高プロは低プロへと。down to 400万にすぐなるからね。残業代なしで「死ぬまで働いてね、フフ」

地獄が待ってるよ。蟹工船ですよ。

同一労働同一賃金、非正規をなくす。はいウソー。賃金は非正規のレヴェルへと寄り添ってくる。そして全員が非正規と同等になる、が正しい。新自由主義ここに極まれり、であるよ。それでもPM支持が、支持率がアップしてる。よくわからない。「真性マゾ」。ならしゃーないんだけど、意外にイジメも好きよなあ。マゾなのにサド。単に「卑怯者たち?」

最低のメンタリティではないのかな。ここ叩いていい、となればかなり残酷にもなれる。西野ちゃん、危なかった。

活断層の上にいっぱい原発。実際に地震も頻発。あまりに早漏、な梅雨明け。竜巻。大雨。内も外ももうガタガタ。

おれたちは「終わり」を生きてる。だから未来がある、ということになってるワカモノが不憫、ということになる。社会とオノレのバイオリズム曲線が「クロス」する現実に遭わないといかんことはまあ「ご愁傷様」といった気になる。

おれはいわゆる子どもたちというか学生たちとともに生きてきたから目の前の彼彼女らの未来の先細りが非常にハートに来る。痛い。先の事を質問されてもなかなかポジティヴなことが言えない。ここ辛い。

そして低プロにすぐなる高プロ成立であるから、労働者になるということは広義の蟹工船へ行く、でいい。そして階級の固定化も進む。だから「海外」へ行け、と勧めざるを得ない。語学(英語とは限らない)を習得しなさい、とよく言う。フランス、スペイン、インドネシア。最近の文系の子たちの行った学部だが、今後もそうする。この国から大手を振って「離れる」ことを可能にすること。これがおれたちの務めだなと実感してる。

posted by 浪速のCAETANO at 10:49| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。