2018年07月05日

さ、やっと、ね

くくく、全国的に急激に興味低下。
それでいい。どうもjapanが残ってると、周囲の反応が神経に障る。そこにリアクトする自分がいて、言わんでもええこと言うてしまったり。

しかしあの3点目。最高、見事な「カウンター」であったな。絵に描いたような、という形容がピッタリの。あの時間帯にあの瞬発力。そしてチャンスを常に狙う意識。今ここで取れば相手にとって致命的であることを肌で分かってること。

西野ちゃんが言ってた「差」をブレイクダウンするとそういうことになる。順にフィジカル、メンタル、経験値、そんなことになるかと思う。非常に雑い言いかただが。それで十分である。それ以上のブレイクダウンは「病的」だよ。

ブラジルみたいなサッカー強国でもいい時も悪い時もある。ドイツ、アルヘンティーナしかり、イタリア、オランダは今回「いない」。

本田くんの言ってるようなことを思わんでもいいのではないか。いいとこまで行ったけど最後の「お人好し」が災いとなって負けちゃった、ぐらいが「似合ってる」。いいサッカーはしてる。2/4という確率はかなりいい。そこで悩みすぎるとこが「だいにほんていこく」ではないのか?それは一体誰の意図やねん?そんな風に思うのね。その精神的負担を国民全員に「課す」みたいなことがおれはゲー吐きそうなんだけど。誰やねん?その空気作ってるやつは!

答はit’s by agency.

踊らさせられるの、ヤメようか。ベスト16〜8らへんの可能性でウロウロするのが「ちょうどいい」とおれは思う。そのうち運とタイミングが合えば行くよ。サッカー強国みたいな論調ってのがどーも「違和感」を持つ。

そもそも決勝トーナメント行けるかどうか、は「どの国においても」切実な問題なのだ。指定席ってないのよ。そこへの理解というか感覚もなんかおかしい。「行ってもらわねば、、、、、的に困る、非常に」そんな意識が透けて見える。誰の? of agency。

背後にあるbusiness、そこが肥大化したことが悪の根源、そこにみなさん気づくべきではないのかな、「ええ加減に」。選手たちの負担の大きさにやや同情を禁じ得ないが、それでもヨーロッパで鍛えられ彼らも目に見えて成長してる。そこは時間の問題。

協会とかメディアとかが煽り、煽られるままに反応するみなさんの「悲壮さ」をおれは嗤っているのだ。そのメンタリティが大日本帝国そのものだ。キモいちゅうねん。

たかがサッカーでいいの。アルゼンチン、イタリア、ブラジルならそこは分かる。それは「HISTORY」になっているからだ。滑稽なのだ、こちらの国のそんな態度が。大日本帝国の手法。乗っかって騒いでるバカたちは「リアルばか」で、大手振って騒ぐきっかけを求めてる。鬱積がある。第二次大戦時の空気。キモい。ハズキルーペのCMぐらいキモい。渡辺謙もアホではないのか?ちょっとづつ狂っていってる。その狂わせ方は微分されそのひとつひとつの【Δ】が気づかれないほど周到なもので、そんなことには長けてるのね。空気の製造だけどね。


さ、やっと静かになって伝統的なcopa do mundoに戻ったと思う。quarter finalに備えましょう。ほんとのfootball ファンのcopa do mundoはこれから。しかしこっち側の2試合、身を捩らざるをえないほどもどかしい、そんなビッグマッチだもんね。まとめてやらんでええんちゃうの。24時間その試合のことだけ考えていたいよ。もったいないな。


posted by 浪速のCAETANO at 11:14| 大阪 ☔| Comment(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。